メトリクス計測

ソースコードの複雑度の指標となるメトリクスを計測

C++testは、オブジェクト間の結合や継承の深さなど、コードの保守性や再利用性の指標となるメトリクスを計測し、一覧データとして確認が行えます。それぞれのメトリクスのしきい値を任意の値に変更できるため、プロジェクトの基準に違反しているコードを瞬時に特定できます。
メトリクス計測により、複雑度が高くバグが入り込みやすいコードを検出できます。早期にリファクタリングすることで、バグを未然に防止とテストしやすいソースコードの実装が可能です。

メトリクス計測とは

ソフトウェアメトリクス(品質測定)は、ソフトウェアの品質を定量的に評価したものです。ソフトウェア開発の多くの開発現場で利用されています。
開発したソースコードを、ソフトウェアの品質を定量的に評価できる数値として計測し、品質を測定します。複雑なソースコードは保守性や可読性が低いだけではなく、バグの温床となる可能性があるため、早期に発見して修正をすることでバグを未然に防止します。

計測できるメトリクスの例

全てのメトリクスが、ファイル、メソッド、型ごとに計測可能

  • サイクロマチック複雑度
  • オブジェクト間の結合
  • コンストラクターの数
  • フィールドの数
  • メソッドの数
  • 凝集性の欠如
  • 継承の深さ
  • Modified Cyclomatic / Strict Cyclomatic複雑度
  • コメント割合
  • Fan Out
  • 凝集性の欠如
  • 保守容易性指数

メトリクス計測の例

メトリクス計測の例


静的解析・単体テストツール C++testに
関するお問い合わせ

  • テクマトリックス株式会社
    東京本社

    ソフトウェアエンジニアリング事業部

    03-4405-7853

メールでのお問い合わせ
parasoft-info@techmatrix.co.jp

CONTACT

製品についてやテクマトリックスについてなど、
こちらよりお気軽にお問い合わせいただけます。