NEWS / CAMPAIGN ニュース・キャンペーン

C言語/C++言語対応テストツール「C++test 10.3.2」の販売を開始

~品質の可視化と開発ワークフローの高速化を実現する「Parasoft DTP 5.3.2」も同時に販売開始~

日付

2017.10.05

カテゴリ

  • ソフトウェア品質保証

テクマトリックス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:由利孝)は、米国Parasoft Corporation (本社:米国カリフォルニア州、最高経営責任者:Elizabeth Kolawa)が開発したC言語/C++言語対応テストツール「C++test 10.3.2」の販売を2017年10月5日より開始します。

C++testは静的解析(コーディング規約チェック/フロー解析)、単体テスト、カバレッジ計測、アプリケーションモニタリングを行うためのC言語/C++言語対応テストツールです。車載機器、産業機器、医療機器、OA機器などの組込みシステムや、ミドルウェアの開発、Windows/Linuxアプリケーションの開発など、さまざまな現場で利用されています。
このたびのバージョンアップでは、C++testの静的解析機能が大幅に強化され、MISRAの最新版であるMISRA C 2012に完全対応しています。これにより、MISRA C 2012の採用が進む車載、航空、産業機器などの分野における安全なソフトウェア開発をより一層強力に支援することが可能になりました。
さらに、CERT Cコーティングスタンダードへの対応も強化され、IoTなどの分野における「つながるソフトウェア」の開発で需要の高まるセキュアコーディングをサポートし、脆弱性の作り込み防止に寄与します。
動的解析においても新たに機能安全規格(ISO 26262)対応で要求されるコールカバレッジの計測機能が追加され、計測可能なカバレッジが9種類に拡張しました。

また同時にリリースされるParasoft DTP 5.3.2では、C++testとの連携がさらに強化され、ソースコードや静的解析違反の差分解析(最新の解析と前回の解析における差分の解析)、要求事項とテストのトレーサビリティ、MISRA C 2012への順守状況等の確認が容易になりました。これにより、いままで以上にソフトウェア品質の可視化と開発ワークフローの高速化を実現することを可能にしています。

テクマトリックス株式会社は、Parasoft製品の国内総販売代理店として、ソフトウェア開発に携わるすべてのお客様の課題を解決する最適なツールとして、C++testおよびParasoft DTPの販売、マーケティング、ユーザーサポートなどの活動を強化してまいります。

C++test 10.3.2 の新機能・改善点

  • MISRA C 2012完全対応に加え、セキュリティ脆弱性チェックを強化した静的解析機能
  • フロー解析機能のルールが80種類に拡張
  • プロジェクト状況や品質の可視化を強化
  • C++test Ver.10シリーズにおける単体テスト機能の搭載
  • 計測できるカバレッジが9種類に拡張
  • C++test 9.xと完全互換
  • サポート環境の追加
詳細はこちら>>

体験版はこちら>>

Parasoft DTP 5.3.2 の新機能・改善点

  • 課題管理システムとの連携の強化
  • MISRA Cガイドラインの順守を促進する機能の強化
詳細はこちら>>

資料はこちら>>

ユーザーのみなさまへのご提供について

2017年10月05日において年間保守サービスをご契約いただいているC++testユーザー様には、「C++test 10.3.2」バージョンアップ製品を、同じくParasoft DTPユーザー様には、「Parasoft DTP 5.3.2」バージョンアップ製品を、それぞれ無償でご提供します。
インストールモジュールの入手方法ならびにライセンスに関しては、2017年10月5日にご登録ユーザー様にParasoft製品カスタマーセンターからメールでご案内します。
このページをPDFファイルでご覧いただく場合は、下の[ダウンロード]をクリックしてください。

お問い合わせ

  • テクマトリックス株式会社
    東京本社

    システムエンジニアリング事業部
    ソフトウェアエンジニアリング営業部

    03-4405-7853

メールでのお問い合わせ
se-info@techmatrix.co.jp

CONTACT

製品についてやテクマトリックスについてなど、
こちらよりお気軽にお問い合わせいただけます。