NEWS / CAMPAIGN ニュース・キャンペーン

C/C++言語対応テストツール「C++test」最新版を販売開始

日付

2016.04.20

カテゴリ

  • ソフトウェア品質保証

セキュリティ脆弱性チェックをはじめ、静的解析によるバグ検出能力が大幅向上
さらに、単体テストケースの作成やメンテナンス作業を効率化する新機能を搭載

テクマトリックス株式会社は、国内で6,000ライセンス以上の販売実績を誇るC/C++言語対応テストツール「Parasoft C++test™ (以降、C++test と記す)」の最新バージョンの販売を、平成28 年 4月28日より開始します。 C++test は、静的解析(コーディング規約チェック/フロー解析)、単体テスト、カバレッジ計測、実行時メモリエラー検出をおこなうためのC/C++言語対応テストツールです。

C++test最新版では、致命的なバグの検出に効果を発揮する「静的フロー解析機能」が大幅に強化され、従来の2倍である58パターンのバグが検出可能になります。また、セキュリティ脆弱性の検証に有効な「CERT Cルールセット」などの新たなコーディング規約も搭載され、信頼性の高いソフトウェアの開発をサポートします。

さらに、単体テストに必要な作業工数を大幅に削減する新機能「Test Case Editor」が搭載されます。この機能では、コーディングをおこなうことなくGUIの操作のみでテストケースの作成やスタブの振る舞いの設定をおこなうことができるため、単体テストの工数削減やユーザーの負担軽減に、従来以上の効果を発揮します。

また、今回同時にリリースされるソフトウェア開発・テスト管理プラットフォーム「Parasoft DTP」と連携することで、ソフトウェアの品質リスクや、保守開発の難易度などを可視化します。これにより、開発現場における問題点を早期に発見し、生産性の向上を実現します。

≪C++test の主な機能拡張≫
  • 「静的フロー解析機能」を強化し、従来の2倍である58パターンのバグが検出可能に
  • コーディングせずに単体テストケースを作成できる新機能「Test Case Editor」を搭載
  • 高機能なスタブを、GUI操作で容易に作成可能に
  • セキュリティ脆弱性チェックに有効なコーディングルールセットを追加
  • MISRA C 2012に対応した静的解析ルールを追加
  • 保守性の指標など、算出可能なメトリクスを拡充
  • 品質リスクを可視化するプラットフォーム「Parasoft DTP」との連携を強化
  • 対応OS、IDE、コンパイラを拡大
製品特長につきましてはwebページをご確認ください。
http://www.techmatrix.co.jp/quality/ctest/index.html
このページをPDFファイルでご覧いただく場合は、下の[ダウンロード]をクリックしてください。

お問い合わせ

  • テクマトリックス株式会社
    東京本社

    システムエンジニアリング事業部
    ソフトウェアエンジニアリング営業部

    03-4405-7853

メールでのお問い合わせ
se-info@techmatrix.co.jp

CONTACT

製品についてやテクマトリックスについてなど、
こちらよりお気軽にお問い合わせいただけます。