補助機能

効率的な運用や規格遵守を補助する機能を搭載

補助機能:C++test

C++testは、効率的な運用や規格遵守を補助する機能を搭載しています。
第三者認証機関であるTÜV SÜD社よりIEC 61508およびISO 26262、IEC 62304に準拠したテストツールとして認証を取得済みです。また、CIツール連携、Docker連携、レポート生成、ダッシュボード表示など各種機能を搭載しています。

機能安全認証取得(IEC 61508 / ISO 26262 / IEC 62304準拠)

C++testは、第三者認証機関であるTÜV SÜD社よりIEC 61508およびISO 26262、IEC 62304に準拠したテストツールとして認証を取得済みです。

《機能安全規格準拠に役立つルールセット》
  • HISソースコードメトリクス チェックルール
    • HIS(Herstellerinitiative Software)はドイツの自動車メーカーによる団体で、車載システムの設計や 品質保証に関する標準を策定しています。
  • MISRA C:1998、MISRA C:2004、MISRA C++:2008、MISRA C:2012 規約チェックルール
    • MISRA(Motor Industry Software Reliability Association)が作成した 「自動車産業におけるCプログラミングガイドライン」をもとに作成されています。
《医療機器ソフトウェア安全規格対応ルールセット》
  • FDA C++ Phase 1-3(米国食品医薬品局)に関するルール
    • FDA(米国食品医薬品局)が定めた、医療機器ソフトウェアならびに医療機器製造に使用するソフトウェアの 検証原則に基づくルールです。

C+testは、IEC 61508およびISO 26262、IEC 62304に準拠したテストツールとして認証を取得済み

効率的な運用を補助する各機能

コンプライアンスパック

コンプライアンスパック

専用のダッシュボード( Parasoft DTP)によりプロジェクトのコンプライアンスの達成状況をリアルタイムで確認できます。 コーディングガイドラインの遵守状況の説明責任を果たすことが容易になるだけでなく、未遵守箇所を早期に特定し必要な措置を講ずることにより、欠陥のあるソフトウェアに関連するビジネスリスクを排除することが可能になります。

 

レポートの生成

レポートの生成

テスト結果を文書として残す必要がある場合、C++testのレポート生成機能を利用すると、詳細なレポートを簡単に作成できます。 あらかじめ見やすくレイアウトされたHTML/PDF形式のレポートは、オプションの設定によって内容をカスタマイズできます。

 

CI(継続的インテグレーション)ツール連携

CI(継続的インテグレーション)ツール連携

Jenkins(CIツール)を活用することより、静的解析および単体テスト実行プロセスを定期的に自動実行することができます。ビルドやテストの実施漏れを防ぎ、エラーや欠陥のフィードバックサイクルを早めることで、開発者に負担をかけず、品質の高いソフトウェアをより高速にリリースすることができます。

 

Docker連携

Docker連携

C++testは、Dockerコンテナでの作業をサポートしています。 C/C++ ツールチェーンまたは Dockerコンテナによって提供されるテスト環境を使用して解析やテストを実行できます。これにより、コンテナ化された環境でC++testの機能を利用し、チームや複数の開発サイクルでの一貫性を確保することができます。

 


静的解析ツール・単体テストツールC+testを体験版をお試しください。
すべての機能を無償で14日間ご利用可能、すぐにご評価可能なチュートリアル付属
ご評価を円滑に進めるための、技術的なサポート対応あります

静的解析ツール・単体テストツール C++testに
関するお問い合わせ

  • テクマトリックス株式会社
    東京本社

    ソフトウェアエンジニアリング事業部

    03-4405-7853

メールでのお問い合わせ
parasoft-info@techmatrix.co.jp

CONTACT

製品についてやテクマトリックスについてなど、
こちらよりお気軽にお問い合わせいただけます。