Jtest

Java対応静的解析・動的解析ツール

  • ソフトウェア品質保証

Jtestは、テスト工数の大幅削減とセキュアで高品質なJavaシステムの開発を強力にサポートするJava対応テストツールです。1,000 個以上のコーディングルールをもとにソースコードを静的に解析し、プログラムの問題点や特定の処理フローに潜む検出困難なエラーを検出します。

  • ソフトウェア品質保証
  • ソフトウェア品質向上
  • ソースコード解析
  • テストカバレッジ
  • テスト自動化

【(株)JALインフォテック様】200名が携わる旅客システム開発におけるコードレビューの精度向上と効率化

同社では、大規模な旅客サービスシステムの開発において、これまで膨大な時間を要して いたコードレビューを大幅に効率化し、さらにその精度の向上を実現。 潜在的なバグを早期に検出する体制を整えることで、ソフトウェア品質と開発スピードを 飛躍的に向上されています。

Jtestが選ばれる理由

Jtestは、製造業、金融、通信…など様々な分野の情報システム開発において採用されているJava対応テストツールです。静的解析、ユニットテストをはじめとした豊富な機能により、ソフトウェアの高い品質と効率的な開発の実現をサポートします。
 
OSSとの違い   利用シーン   Jenkins連携

 Jenkins ならびに Jenkins CIは、Jenkins (http://jenkins-ci.org/)に帰属します。また、Creative Commons Attribution 3.0 Unported licenseに従い、利用しています。

Javaシステム開発における品質向上・生産性向上を支援します。

Jtestは、テスト工数の大幅削減とセキュアで高品質なJavaシステムの開発を強力にサポートするJava対応テストツールです。1,000 個以上のコーディングルールをもとにソースコードを静的に解析し、プログラムの問題点や特定の処理フローに潜む検出困難なエラーを検出します。
さらに、処理フローを解析し、 リソースリークやNullPointerException、さらには、SQLインジェクションやクロスサイトスクリプティング(XSS)といったセキュリティ上危険なコードも検出することが可能です。

さらに最新のJtestは、CI(継続的インテグレーション)との親和性を高め、モバイル開発やセキュリティ対策に対応した解析エンジンの強化、解析パフォーマンスの大幅な向上、Java 8への対応など様々な機能を拡張し、より使いやすいツールとして進化しました。

Jtestの特長

コーディング規約違反を検出し、バグの作りこみを防止

ソースコードを静的に解析し、バグになり得るコードを検出致します。自社独自のコーディング規約も検証可能です。

処理フローを捜査しセキュリティ、実行時のバグを自動検出

ソフトウェアの全パスを静的に網羅し、プログラムに潜むセキュリティ上の脆弱性やリソースリーク等の致命的な問題をワンクリックで検出します。

TestNGやJUnitの単体テストを実行 C0カバレッジを計測

テスト実行時に行カバレッジ(C0)を計測。カバレッジを確認しながらテストを実施することで、信頼性の高いテストが実施できます。

単体テストフェーズ以降でもJtestでバグを検出

アプリケーションの実行を監視し、レースコンディションなど発見しづらいバグを検出します。同時に実行カバレッジも収集可能です。

ソースコードに潜むセキュリティの脆弱性を検出

Javaセキュアコーディングスタンダードに対応したルールなど、合計167種類のルールによってセキュリティの脆弱性を検出します。

これまでと同じテスト工数でカバレッジを計測

Jtestのアプリケーションカバレッジ機能を使用すると、いつも実施しているシステムテストを行いながら、カバレッジを計測することができます。

Jtestに
関するお問い合わせ

  • 東京本社

    システムエンジニアリング事業部
    ソフトウェアエンジニアリング営業部

    03-4405-7853

メールでのお問い合わせ
parasoft-info@techmatrix.co.jp

CONTACT

製品についてやテクマトリックスについてなど、
こちらよりお気軽にお問い合わせいただけます。