コンプライアンスパック

コーディングガイドラインへの適合状況を可視化

MISRA、AUTOSAR、CERTへの遵守状況をリアルタイムに表示、コーディングガイドラインに則った遵守サマリーレポートや逸脱のレポートを提供

コンプライアンスパック

C++testのコンプライアンスパックは、MISRA C:2012、 AUTOSAR C++14コーディングガイドライン、CERT C/C++コーディングスタンダードなどの業界固有の静的解析ルールに加えて、コーディングガイドラインに則った遵守サマリーレポートや逸脱のレポートを提供しています。

コンプライアンスパック

専用のダッシュボード(Parasoft DTP)によりプロジェクトのコンプライアンスの達成状況をリアルタイムで確認できます。
コーディングガイドラインの遵守状況の説明責任を果たすことが容易になるだけでなく、未遵守箇所を早期に特定し必要な措置を講ずることにより、欠陥のあるソフトウェアに関連するビジネスリスクを排除することが可能になります。

※コンプライアンス関連機能の使用には専用のライセンス(有償)が必要です。

C++test:CI連携イメージ図

コンプライアンスパックの構成例

MISRA C:2012 遵守用ダッシュボード画面

MISRA Complianceで規定された4種類のレポートを自動生成します。
MISRA準拠を提示するための時間と労力を大幅に削減することができます。

MISRA C:2012 遵守用ダッシュボード | MISRA Compliance:2016に準拠したレポートを自動生成

MISRA C:2012 遵守用ダッシュボード | MISRA Complianceに準拠したレポートを自動生成

対応可能なコーディングガイドライン

MISRA準拠への対応


MISRAコーディングスタンダードには、安全性、信頼性、移植性を確保したプログラミングのためのルールが数多く含まれ、車載ソフトウェア、航空システムや医療システムなど安全性に対して高い水準を求められる組込みソフトウェアの開発に有効です。MISRA C:2012準拠の証明に必要なレポート作成を効率化する方法をご紹介します。

 

AUTOSAR C++準拠への対応


AUTOSAR C++14コーディングガイドラインは、MISRA C++:2008のアップデート版になるべきものであり、ISO/IEC 14882:2014で定義されているC++14向けコーディングガイドラインを提供します。コーディング標準の主な用途は自動車産業ですが、組み込みプログラミングが必要な他の業界でも使用できます。 AUTOSARの概要と準拠するための手法をご紹介します。

CERT C/C++コーディングスタンダードへの対応


CERT C/C++コーディングスタンダードは、脆弱性につながる恐れのある危険なコーディング作法や未定義の動作を削減することを目的に、CERT/CCがまとめたC/C++言語のコーディング規約です。CERT C/C++コーディングスタンダードがコードをセキュアにするために最適な理由と、静的解析ツールを活用すべき理由をご紹介します。


Parasoft DTP(ダッシュボード)とは

Parasoft DTPは、ソフトウェア開発におけるさまざまな情報(テスト結果、メトリクス、カバレッジ、構成管理など)を⾃動的に収集・集約し、プロジェクトの状況をレポーティング・分析するツールです。C++testと連携することで、ダッシュボードにコーディング規約の遵守状況やプロジェクトの品質状況などを随時表⽰できます。 開発者に余計なレポーティングの作業負荷が軽減します。また、リアルタイムで開発中の状況確認ができるため、プロジェクト管理者や開発者にとって作業の優先順位を決めるのに役⽴ちます。
※コンプライアンス関連機能の使用には専用のライセンス(有償)が必要です。
静的解析・単体テストツールを無償体験版をお試しください。
すべての機能を無償で14日間ご利用可能、すぐにご評価可能なチュートリアル付属
ご評価を円滑に進めるための、技術的なサポート対応あります

静的解析ツール・単体テストツール C++testに
関するお問い合わせ

  • テクマトリックス株式会社
    東京本社

    ソフトウェアエンジニアリング事業部

    03-4405-7853

メールでのお問い合わせ
parasoft-info@techmatrix.co.jp

CONTACT

製品についてやテクマトリックスについてなど、
こちらよりお気軽にお問い合わせいただけます。