アーキテクチャ分析ツール Lattix

ソースコード/モデル全体の構造分析・影響分析結果を階層構造で表示、システム構造の品質を定量評価するアーキテクチャメトリクス計測に対応

Lattixは、DSM( Dependency Structure Matrix )手法をソフトウェアに応用し、アプリケーションやデータベースに含まれる構成要素を分析し、その依存関係を表形式(マトリックス)に表示します。このマトリックスから、要素間の依存関係やコード修正の影響範囲、循環参照モジュール、階層構造の崩れといったアプリケーションの構造確認や問題点の把握が容易になります。 

  • ソフトウェア品質保証
  • ソースコード解析
  • アーキテクチャ分析
  • ソフトウェア品質向上
 Lattix2023.1.2 Release

特別セミナー

MBSE時代の到来に向けて提案する、システム構造・定量的見える化と改善

派生開発・差分開発では、以下のような課題はございませんでしょうか?

  •  ドキュメントが不足/不十分な状態のため、ディレクトリやファイルなどのアーキテクチャ構造を把握するのに時間がかかる/誤った認識をしてしまう
  • システム全体が複雑化しており、設計から見直したいが、リファクタリングすべき箇所を把握するのに時間がかかる
  • 担当者の不在・異動により、当初の設計意図に反した実装をしてしまい、ますます複雑化し、変更の影響が広範囲に及んでいる

ソフトウェアの構造を可視化

全体像の俯瞰から個々の関数まで、さまざまな粒度でソフトウェアの構造を確認できます。

アーキテクチャ分析ツールLattixは、Java、.NET、C/C++ などで開発されたソフトウェア、UML/SysML などのモデルについて、 これらを構成するディレクトリ/ファイルなどの要素間の依存関係を、DSM(Dependency Structure Matrix) と呼ばれる手法により、直感的でわかりやすい表形式(マトリクス)で表し可視化します。 Lattixでは、ソフトウェアアーキテクチャの理解を容易にします。ソフトウェアが抱える構造上のリスクを明らかにでき、見直すべき対象を把握する時間を短縮します。 さらに見直された構造は、今後再度崩さないように維持することにも役立ちます。 Lattixを利用して構造の可視化、構造の見直し、構造の維持を行い、効果的な機能追加や保守工数の削減を行ったお客様の事例もご紹介しております。 Lattixは機能単位やモジュール構造などマクロな観点での構造把握に強力なツールであり、関数や変数/クラスなどのミクロな観点が必要なお客様はUnderstandもご確認ください。

Lattixの機能

ソフトウェア全体を俯瞰的に可視化

ソフトウェア構造の分析・可視化

ディレクトリ構造やパッケージ構造、ネームスペース構造をDSMで表現し、階層的に依存関係を可視化します。

ソフトウェア構造上の問題点の可視化

ソフトウェア構造で問題となる循環依存や逆依存、依存性・非依存性の高い要素を可視化します。

グローバル変数と関数の依存関係を、CRUD図に似たマトリクス形式で可視化

すべての関数の変数アクセスについて、参照と代入を一覧表示することで俯瞰して確認することができます。

ソフトウェアの構造の見直し

アーキテクチャメトリクスによる定量評価

 システムの複雑度や結合度、循環度など、約30種類のメトリクスを使って、ソフトウェアアーキテクチャを定量的に評価することが可能です。

アーキテクチャチェッカーによる構造評価

 アーキテクチャの状態がアンチパターンに陥っていないか、いくつかのルールに従ってチェックし、アーキテクチャの状態を評価することが可能です。

アーキテクチャ構造や依存関係の変更によるシミュレーション

DSM上で仮想的にリファクタリングを行い、構造改善のシミュレーションを行えます。

ソフトウェアの維持管理・変更時の影響分析

ソフトウェアの変更時の影響範囲分析

2つのバージョンの直接的に影響する要素だけでなく、間接的に影響する要素について、呼び出し元がある要素(UsedBy)を可視化します。

設計ルール違反のチェック

DSM上に設計ルールを設定し、アーキテクチャの乱れを定期的にチェック。これにより、アーキテクチャの品質を長期的に維持できます。

循環依存の箇所のレポート表示

複数の循環が重なっている場合、循環が重なり合っている箇所が個別の循環グループとして レポートされます。


導入企業

国内300社を超える企業様にLattixをご利用いただいております。
三菱電機株式会社 村田機械株式会社 株式会社NTTデータ
(ロゴ掲載を許可いただいた企業様、敬称略・五十音順)

多数の言語をサポート

解析対象言語

  • C/C++
  • C#
  • VB.NET

  • Java
  • Python
  • Ruby

  • Oracle
  • SQL
  • UML/SysML   


アーキテクチャ分析ツール Lattixに
関するお問い合わせ

  • テクマトリックス株式会社
    東京本社

    ソフトウェアエンジニアリング事業部

    03-4405-7853

メールでのお問い合わせ
lattix-info@techmatrix.co.jp

お問い合わせ

製品についてやテクマトリックスについてなど、
こちらよりお気軽にお問い合わせいただけます。