アーキテクチャ分析ツール Lattix

アーキテクチャ分析ツール

Lattixは、DSM( Dependency Structure Matrix )手法をソフトウェアに応用し、アプリケーションやデータベースに含まれる構成要素を分析し、その依存関係を表形式(マトリックス)に表示します。このマトリックスから、要素間の依存関係やコード修正の影響範囲、循環参照モジュール、階層構造の崩れといったアプリケーションの構造確認や問題点の把握が容易になります。 

  • ソフトウェア品質保証
  • ソースコード解析
  • アーキテクチャ分析
  • ソフトウェア品質向上
【ソフトウェア品質向上セミナー】二つの国内事例から見る、派生開発におけるソフトウェア構造の品質評価と、課題解決につながるツール選定・活用法のご紹介

組込みソフトウェアの開発業界で主流となっている派生開発では、構造の複雑化により、構造全体の把握が困難になっています。
また、不具合対応や機能追加などによる影響の範囲を特定することも容易ではありません。
しかし、開発の現場では、短納期でリリースすることが求められており、以下のような課題に直面しています。

【開発現場の課題】
  • 複雑なソースコードの全体像が把握できず影響範囲がわからない…
  • 様々な課題があり、どのようにツールを選定評価すればいいかわからない…
  • 構造の現状把握や劣化具合を把握したい…
本セミナーでは、株式会社アイシン 上林 学氏と、三菱スペース・ソフトウエア株式会社 岡野 麻子氏を講師にお迎えして、2社の事例を交えて講演いただきます。株式会社アイシン様より、派生開発におけるソフトウェア構造の劣化を防ぐためにメトリクスを用いた取り組みについてお話しいただきます。三菱スペース・ソフトウエア株式会社様からは、ツール選定から導入後の効果や評価までを、ソフトウェアプロセス改善活動の視点からお話しいただきます。

また、テクマトリックスからは、最新版のUnderstand 6に搭載された新機能や改善点、Lattixの機能やユースケースなどをご紹介いたします。どうぞふるってお申込みください。

ソフトウェアの構造を可視化

全体像の俯瞰から個々の関数まで、さまざまな粒度でソフトウェアの構造を確認できます。

既存コードをベースとした流用開発において、ソフトウェアの規模拡大に伴う構造の劣化は、スムーズな開発の妨げとなるだけでなく、品質の低下につながります。現状の構造や依存関係を正確に把握することは、品質を維持しながら、コードの追加や修正を行うために欠かせないステップであり、決して疎かにすることはできません。

アーキテクチャ分析ツールLattixは、Java、.NET、C/C++ などで開発されたソフトウェア、UML/SysML などのモデルについて、これらを構成する要素間の依存関係を、DSM(Dependency Structure Matrix) と呼ばれる手法により、直感的でわかりやすい表形式(マトリクス)で表し可視化します。 Lattixは、ソフトウェアアーキテクチャの理解を容易にし、ソフトウェアの品質向上、開発効率化、安定化を実現します。
Lattixを使うと、膨大な解析時間を費やさなくとも、ソフトウェアが抱える構造上のリスクを明らかにでき、効果的な対策を施すことが可能になります。 

Lattixの機能

ソフトウェア全体を俯瞰的に可視化

ソフトウェア構造の分析・可視化

ソフトウェアの構造や依存関係をスケーラブルに可視化します。

ソフトウェア構造のダイアグラム表示

DSMに加えて、ダイアグラム形式でもアーキテクチャの構造を表現。ソフトウェアの構造をより直感的に理解できます。

グローバル変数と関数の依存関係を、CRUD図に似たマトリクス形式で可視化

すべての関数の変数アクセスについて、参照と代入を一覧表示することで俯瞰して確認することができます。

ソフトウェア構造上のアンチパターンを検出

設計ルール違反のチェック

DSM上に設計ルールを設定し、アーキテクチャの乱れを定期的にチェック。これにより、アーキテクチャの品質を長期的に維持できます。

循環依存の箇所のレポート表示

複数の循環が重なっている場合、循環が重なり合っている箇所が個別の循環グループとして レポートされます。

アーキテクチャチェッカーによる構造評価

 アーキテクチャの状態がアンチパターンに陥っていないか、いくつかのルールに従ってチェックし、アーキテクチャの状態を評価することが可能です。

アーキテクチャメトリクスで定量的に構造上の問題を把握

アーキテクチャメトリクスによる定量評価

 システムの複雑度や結合度、循環度など、約30種類のメトリクスを使って、ソフトウェアアーキテクチャを定量的に評価することが可能です。

変更に対する影響を数値化

 「重み付き影響度」、「逆依存関係率」、「依存経路複雑度」、「多対多関係度」でアーキテクチャを定量的に評価します。

Webレポートによる分析データの蓄積・共有

 過去のバージョンの分析データを蓄積し、開発チームにおけるアーキテクチャ品質の維持・管理を促進します。


アーキテクチャ分析ツール Lattixに
関するお問い合わせ

  • テクマトリックス株式会社
    東京本社

    ソフトウェアエンジニアリング事業部

    03-4405-7853

メールでのお問い合わせ
lattix-info@techmatrix.co.jp

CONTACT

製品についてやテクマトリックスについてなど、
こちらよりお気軽にお問い合わせいただけます。