設計ルール違反のチェック

設計ルールの定義

DSM上に設計ルールを設定し定期的にソフトウェアをチェックすることにより、アーキテクチャの乱れを未然に防止できます。

設計フェーズにおいて作成した設計ルールと記述コードの変更点を照らし合わせて、設計ルールに反する要素がある場合には、該当セルにルール違反フラグが表示されます。フラグの有無でアーキテクチャ上の問題点を確認できます。開発初期からLattixで設計ルール違反をチェックし、その結果をプロジェクトメンバーで共有して、違反箇所を修正することにより、設計通りのソフトウェアの構造を保持できます。循環依存などの構造上の問題点を未然に防ぎ、ソフトウェアの品質を長期的に維持できます。  

Lattixによる設計ルール違反の検出

上の図の例では、下位レイヤーから上位レイヤーへの依存を禁止するルールが定義されています。
しかし、libraryからlogicへの依存、およびdataからlogicへの依存(赤いフラグが付いている要素)が存在しており、これらがルール違反としてレポートされます。

コマンドラインを利用した自動検出

Lattixのコマンドラインを利用して、設計ルールによる検証を、自動的に、定期的に行えます。コーディング工程において定期的に検証し、発見された違反箇所を修正することにより、設計仕様から逸脱することなくプログラムを開発することができます。
コマンドラインでは、設計ルールによる検証だけでなく、レポートの生成やバージョン間の差分確認、メトリクスレポートなどの機能も処理できるので、マネージャー用のレポートや開発者が参照するためのDSMの生成なども自動化できます。
コマンドライン機能を利用し定期的にソフトウェアの構造を確認することにより、設計仕様の準拠を推進でき、構造的に堅牢なプログラムの開発が期待できます。また、定期的な自動レポートにより、開発者はレポートの作成から解放され、マネージャーは開発の進捗や安定性、品質などの確認に役立つ指標をタイムリーに入手できるようになります。

設計ルール違反チェック自動化の例

設計ルール違反チェック自動化の例

アーキテクチャ分析ツール Lattixに
関するお問い合わせ

  • テクマトリックス株式会社
    東京本社

    ソフトウェアエンジニアリング事業部

    03-4405-7853

メールでのお問い合わせ
lattix-info@techmatrix.co.jp

CONTACT

製品についてやテクマトリックスについてなど、
こちらよりお気軽にお問い合わせいただけます。