NEWS / CAMPAIGN ニュース・キャンペーン

Lattixニュースリリース:アーキテクチャ分析ツール「Lattix10」の販売を開始

~ソフトウェア構造に関する問題を検出するアーキテクチャチェッカー機能を強化~

日付

2016.12.06

カテゴリ

  • ソフトウェア品質保証

テクマトリックス株式会社は、米国Lattix社が開発したアーキテクチャ分析ツール「Lattix」の最新日本語版「Lattix 10」の販売を、2016年12月6日より開始します。テクマトリックス株式会社は、国内総販売代理店として、ソフトウェア開発に携わるお客様を対象に、本製品の日本国内での販売、マーケティング、ユーザーサポートなどの活動を展開してまいります。

Lattix社のアーキテクチャ分析ツール「Lattix」は、ソフトウェアの構造と依存関係をDSM(Dependency Structure Matrix)を使って可視化するツールの草分けとして、自動車、複合機、デジタルカメラ、カーナビなどの製造業をはじめ、医療機器や金融といったさまざまな業界で導入されてきました。

巨大化と複雑化に悩まされるソフトウェア開発の現場において、ソフトウェアの構造上の問題検出、コード修正時の影響分析、あるいはリファクタリングなど、多様な目的で利用されています。ソフトウェア品質の評価におけるアーキテクチャ分析の重要性が高まっている現在、「Lattix」は、品質改善に欠かせないツールとして注目されています。

このたびのLattix 10では、ソフトウェア構造に関する問題を検出するアーキテクチャ チェッカー機能が強化され、チェックできる項目が多数追加されました。また、WebブラウザーでLattixの分析結果を閲覧できるLattix Webの機能を強化し、過去から蓄積された分析結果や各種レポートを参照できるようになりました。これにより、プロジェクトメンバー間の情報共有が容易に行えるようになりました。

テクマトリックス株式会社では、「Lattix」を始めとする解析ツールを用いて、ソフトウェアライフサイクル全般におけるソフトウェアの構造変化を継続的に検証するソリューションや、ソフトウェアに潜む構造上のリスクを客観的に評価する「ソフトウェア分析レポート作成サービス」を展開してまいります。

Lattix 10の主な特長

  • アーキテクチャ チェッカー機能の刷新
  • Lattix Webのユーザーインターフェイスの刷新
  • Windows 10ならびにC++ 11、C++ 14、Java 1.8に対応
詳細はこちら>>
このページをPDFファイルでご覧いただく場合は、下の[ダウンロード]をクリックしてください。

お問い合わせ

  • 東京本社

    システムエンジニアリング事業部
    ソフトウェアエンジニアリング営業部

    03-4405-7853

メールでのお問い合わせ
se-info@techmatrix.co.jp

CONTACT

製品についてやテクマトリックスについてなど、
こちらよりお気軽にお問い合わせいただけます。