機能紹介

Lattixは、DSM(Dependency Structure Matrix)手法をソフトウェアに応用し、Java、.NET、C/C++アプリケーションのアーキテクチャや、Oracle、SQL Server のデータベースのアーキテクチャ、 UML、SysMLのモデルを分析し、構成要素(サブシステムやモジュール、ファイル、関数など)の依存関係を表形式(マトリクス)で表示します。また、パーティショニングや、影響範囲分析メトリクス分析といった、アーキテクチャの視点からアプリケーションの品質向上を支援するさまざまな機能を備えています。アーキテクチャの設計や、コーディング、アーキテクチャの最適化、コードの修正、モデリング、リファクタリングにLattixを活用することにより、ソフトウェアの品質や安定性、保守性、性能の向上が期待できます。

 

ソフトウェア構造の分析・可視化

 ソフトウェアの構造や依存関係をスケーラブルに可視化します。

ソフトウェア構造のダイアグラム表示

 DSMに加えて、ダイアグラム形式でもアーキテクチャの構造を表現。ソフトウェアの構造をより直感的に理解できます。

設計ルール違反のチェック

 DSM上に設計ルールを設定し、アーキテクチャの乱れを定期的にチェック。これにより、アーキテクチャの品質を長期的に維持できます。 

アーキテクチャメトリクスによる定量評価

アーキテクチャメトリクスによる定量評価

 システムの複雑度や結合度、循環度など、約30種類のメトリクスを使って、ソフトウェアアーキテクチャを定量的に評価することが可能です。

影響範囲の分析

影響範囲の分析

 指定した要素(関数、変数、クラスなど)が変更された際に影響を受ける他の要素をリストアップ。コード修正の影響範囲を把握できます。

レポートの生成と共有

 依存関係やメトリクスに関するレポートを、Excel、HTML、XML形式などで出力できます。

アーキテクチャ分析ツール Lattixに
関するお問い合わせ

  • テクマトリックス株式会社
    東京本社

    ソフトウェアエンジニアリング事業部

    03-4405-7853

メールでのお問い合わせ
lattix-info@techmatrix.co.jp

CONTACT

製品についてやテクマトリックスについてなど、
こちらよりお気軽にお問い合わせいただけます。