NEWS / CAMPAIGN ニュース・キャンペーン

Lattixニュースリリース:アーキテクチャ分析ツール「Lattix 日本語版」 Version 11の販売を開始

~グローバル変数と関数の依存関係やC/C++のポインターの依存関係を可視化。変更の影響度を数値化するメトリクスを追加。追加開発や改変が主流となっているソフトウェア開発の品質担保を支援。~

日付

2020.07.20

カテゴリ

  • ソフトウェア品質保証

テクマトリックス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:由利孝、以下「テクマトリックス」)は、米国Lattix 社(本社:米国マサチューセッツ州、最高経営責任者:Frank Waldman、以下「Lattix社」)が開発したアーキテクチャ分析ツール「Lattix」の最新日本語版「Lattix 11」の販売を、2020年7月20日より開始します。テクマトリックスは、国内総販売代理店として、ソフトウェア開発に携わるお客様を対象に、本製品の日本国内での販売、マーケティング、ユーザーサポートなどの活動を展開してまいります。

Lattix 社のアーキテクチャ分析ツール「Lattix」は、ソフトウェアの構造と依存関係をDSM(Dependency Structure Matrix)を使って可視化するツールの草分けとして、自動車、カーナビ、複合機などの製造業をはじめ、医療機器や金融といったさまざまな業界で導入されてきました。巨大化と複雑化に悩まされるソフトウェア開発の現場において、ソフトウェアの構造上の問題検出、コード修正時の影響分析、あるいはリファクタリングなど、多様な目的で利用されています。ソフトウェア品質の評価におけるアーキテクチャ分析の重要性が高まっている現在、「Lattix」は、品質改善に欠かせないツールとして注目されています。

このたびの「Lattix 11」では、追加開発や改変が主流となっている製造業のソフトウェア開発の品質担保をアーキテクチャの側面から支援するさまざまな機能が追加されました。グローバル変数と関数の関係をCRUD図に似たマトリクス形式で表現するRead/Writeマトリクスビュー、コードを変更する際の影響度を数値化するメトリクス、C/C++のポインターとグローバル変数に関連する依存関係の可視化といった機能が実装されました。さらに、アーキテクチャルール違反を課題として登録するJIRA連携や、SonarQube連携など、継続して品質を確保するための機能も追加されました。

テクマトリックスでは、「Lattix」を始めとする解析ツールを用いて、ソフトウェアライフサイクル全般においてソフトウェアの構造変化を継続的に監視する環境を構築するCI環境構築サービスや、ソフトウェアに潜む構造上のリスクを客観的に評価するソフトウェア分析レポート作成サービスも展開してまいります。

Lattix 11の主な特長

  • Read/Writeマトリクスビューを追加
  • C/C++のポインターに関連する依存関係を解析し可視化
  • グローバル変数の間接的依存関係を解析し可視化
  • 変更に対する影響を数値化するアーキテクチャメトリクスを追加
  • 関数間の循環を可視化する循環レポートを強化
  • Lattixの解析結果をSonarQube上で表示するためのSonarQube連携プラグインを追加
  • アーキテクチャルール違反をJIRAに登録するJIRA連携機能を追加
詳細はこちら>>
このページをPDFファイルでご覧いただく場合は、下の[ダウンロード]をクリックしてください。

お問い合わせ

  • テクマトリックス株式会社
    東京本社

    ソフトウェアエンジニアリング事業部

    03-4405-7853

メールでのお問い合わせ
lattix-info@techmatrix.co.jp

CONTACT

製品についてやテクマトリックスについてなど、
こちらよりお気軽にお問い合わせいただけます。