セキュアコーディング学習プラットフォーム Secure Code Warrior

豊富なセキュアコーディング学習プログラムを搭載

Secure Code Warriorは、開発者のためのセキュアコーディング学習プラットフォームです。豊富なセキュアコーディング学習プログラムが搭載されており、学習者に合わせたコースを設定できます。また、管理者が学習の進捗や学習内容の定着を確認できるため、組織全体のセキュアコーディングの推進が期待できます。

  • セキュアコーディング
  • 静的解析
  • セキュリティ脆弱性

特別セミナー

【ソフトウェアセキュリティセミナー】 セキュアなWebアプリケーションの作り方はご存じですか?

ソフトウェアの安全性にはセキュアコーディングが欠かせない。けれど、課題も。。。

  • OJTでの教育では、メンターの負荷が大きいにも関わらず、効率的に説明できない
  • 集合研修による教育では、セキュアコーディングに関する理解度がわらかない

セキュアコーディングに対する“教育” の必要性

スキャニング ツールだけではセキュアなコードをデリバリーできない3 つの理由

  1.  多数の誤検出 (および検出漏れ) がある
  2. 実際はバグではないものの中から本当のバグを人手で選り分ける必要があり、ただでさえ逼迫している作業時間を侵食する
  3. スキャナーは検出するが修正はしない

Secure Code Warriorでできること

Secure Code Warriorでは、60以上の開発言語/フレームワーク150種類の脆弱性を学習できます。豊富な学習コンテンツは、セキュリティ脆弱性への意識の向上実践的な開発スキルの学習習熟度の確認のためのさまざまな機能を提供します。また解析ツールで検出された脆弱性について学習することもできるため、CI/CDサイクルでSecure Code Warrior を利用した継続的な学習も開発チームにおけるセキュアコーディングの定着を強力にサポートします。


トーナメント

トーナメント

ゲーム感覚でセキュアコーディングを競う

コース

コース

カリキュラムを自由に組み立て
OWASP Top10やPCI DSSなどテンプレートも多数搭載

アセスメント

アセスメント

開発者のセキュアコーディングスキルを評価

選ばれる理由

ROIを実現する
手戻りを減らし、技術的負債のバックログを削減することで、生産性を加速し、年間最大1,400万ドルのコストを削減。

手戻りを低減し、生産性を向上
ネイティブツールに統合されたインタラクティブなマイクロラーニング。
 

組織のセキュリティスキルを把握し、
リスクを低減
アジャイル学習の原則に基づき、セキュリティを開発プロセスに組み込むことで、脆弱性を53%削減。

コンプライアンスへの対応

コンプライアンスに必要なセキュリティトレーニングを実施し、開発者のスキルギャップの影響を解消。


世界で600社以上の企業に採用

導入事例

Secure Code Warriorは、IT、自動車、医療、金融、小売業、公共機関など、さまざまな業界で採用されています。


ATLASSIANATLASSIAN AvailityAvaility axwayaxway
blueprismblueprism CollibraCollibra eNetteNett
mastercardmastercard netceteranetcetera TelstraTelstra
TotalEnergiesTotalEnergies trustpowerTrustpower tx_groupTX Group
verbundVerbund ZoomZoom ・・・

セキュアコーディング学習プラットフォーム Secure Code Warriorに
関するお問い合わせ

  • テクマトリックス株式会社
    東京本社

    ソフトウェアエンジニアリング事業部

    03-4405-7853

メールでのお問い合わせ
scw-info@techmatrix.co.jp

お問い合わせ

製品についてやテクマトリックスについてなど、
こちらよりお気軽にお問い合わせいただけます。