アプリケーションカバレッジの計測

カバレッジ計測を行う重要性

開発したソースコードをテストする際には、抜け漏れなくテストパターンを作成し実施することが重要です。なぜなら、テストパターンが不足してテストが実施されないソースコードがあった場合、その箇所に潜在するバグを検出することができず、後に障害を引き起こす可能性があるからです。そのような事態に陥らないために、カバレッジを計測しながら網羅的なテストを実施する必要があります。

カバレッジ計測が行えない中でのシステムテスト

カバレッジを計測しながら抜け・漏れなくテストを実施することで、潜在的なバグを発見し、ソフトウェアの品質を向上させることが可能となります。しかし、目標のカバレッジを達成するような単体テストを実施しようとした場合、多くのテストケースを作成する必要性があります。開発期間が限られた中で、このテストケース作成がネックとなり、最終的な仕様の確認はシステムテストに集約されることが多いのが現状です。それでは、限られた開発期間でカバレッジを計測しながらテストを実施することは不可能なのでしょうか?

Jtestによるアプリケーションカバレッジ計測

Jtestを使用すると、いつも実施しているシステムテストを行いながら、カバレッジを計測できます。

Jtestを使用したシステムテストのイメージ

Jtestを使用したシステムテストのイメージ

そのメリットは以下の通りです。

  • テストケースを作成する必要がない。
    • 今まで通りのテスト工数で、カバレッジ計測を自動で行うことが可能!
  • システムテストで実行されなかったソースコードが一目で判る。
    • テストケースの作成漏れ、テストの実行漏れを防止することが可能!


  • ソースコード全体のカバレッジを数値でレポートすることができる。
    • 実施したシステムテストの妥当性が証明可能!


単体テストを実施する必要性

アプリケーションカバレッジを計測しながら抜け漏れなくテストを行うことにより、システムテスト時のエラー検出率は大きく向上されます。しかし、システムテストだけでは発見することができないバグも当然のことながら存在し、それについてはよりテストフォーカスを狭めた単体テストで見つけていく必要があります。また、単体テストフェーズで早期にバグを発見することにより、Jtestでは、単体テストも同一ツール上で実施することが可能です。まずは導入のハードルの低いアプリケーションカバレッジ計測を導入し、次のステップとして抜け漏れない単体テストの実施を行っていくことが実現できます。

Jtest無料ハンズオンセミナーのご案内

サンプルプログラムに対して実際にテストを実行しながら、Jtestの基本機能である静的解析と単体テストの操作方法を講義形式でご紹介します。半日でJtestについての知識を深めて頂ける内容ですので是非ご参加ください。

セミナーの詳細はこちらから

Jtest無料ハンズオンセミナーのご案内
Jtestで行うカバレッジ計測に関する資料 効率的なカバレッジ計測手法 Parasoft Jtest Tracerの紹介 JtestによるWebアプリケーションのテスト 複雑で大規模なコードベースの整合性を維持するための単体テストの活用

Jtestで行う静的解析/フロー解析/テストに関する資料

以下の資料をご用意しております。ご希望の方は、資料請求フォームからお問合せください。

【資料】

Java対応静的解析・単体テストツール Jtestに
関するお問い合わせ

  • テクマトリックス株式会社
    東京本社

    ソフトウェアエンジニアリング事業部

    03-4405-7853

メールでのお問い合わせ
parasoft-info@techmatrix.co.jp

CONTACT

製品についてやテクマトリックスについてなど、
こちらよりお気軽にお問い合わせいただけます。