ユーザーの声/事例

三菱スペース・ソフトウエア株式会社

三菱スペース・ソフトウェア
ダウンロード

ソフトウェアの潜在的リスクを可視化する、
ツール活用事例
ミッションクリティカルであるだけでなく、大規模なソフトウェアの開発を託されることが多い三菱スペース・ソフトウエア株式会社。同社では、生産性と品質のさらなる向上を目指して、新しい手法を積極的に取り入れた活動が行われています。 限られたリソースと時間的制約のなかで生産性と品質を同時に向上させるためには、効率的かつ効果的なテストを実施できる環境を整える必要があります。そのためには、ソフトウェアが抱えている潜在的なリスクを早期に把握し、高リスクな箇所を重点的にテストしたり、高リスク箇所からの影響を最小限に抑えるなど、メリハリのある対策を講じることが重要です。

続きを読む


他の解析ツールでは、設定がとても複雑で、いつも苦労しています。
その点、Understandは設定を何もしなくても、ソフトウエアの構造解析が簡単にできてしまう点を非常に気に入っています。
別途設定が必要な場合でも面倒と感じたことはありません。
また、Understand自身でソースコード全体の依存解析ができますし、Lattixと連携してDSM分析ができるところがとても優れていると感じています。
非常に大規模なソースコードを調査する際の解析に使っていますが、単純なソースコードの解析や調査などにも気軽に使えるので、アーキテクトからプログラマーまで、幅広く使えるツールですね。
ブラザー工業株式会社・ソフトウェア第1開発部


Understandは、自分の開発しているシミュレーションコードを整理するときや他人のコードを解読して開発を進める際に威力を発揮します。大変助かっております。
 
特にフローチャートはプログラムの流れを把握したり、問題を見つけるのに有用です。ただし、印刷するときには、コンパクトに見やすく出力していただけるとなお助かりますので、今後の改善に期待します。
独立行政法人 情報研究機構


GUIが見やすく、直観的に操作できるので、ソースコード解析をするのに優れていると思います。Understandを知ると、他の解析ツールで解析したソースコードも再びUnderstand で解析してみたくなります。

主に組込みソフトに対して利用しており、従来の見づらかった仕様書をわかりやすくするのに役立っています。
ダイキン工業株式会社・空調生産本部


他のツールと比べて、ソースを見る統合開発解析環境で、依存関係図とリンクしているところが良いです。
 
解析が非常に速く、いろいろな依存関係図を表示できるところを気に入っています。
今後、変数の構造体のビット単位の認識とアクセスの解析が強化されれば更に便利になると思います。
トヨタ自動車株式会社・制御システム基盤開発部

近年、弊社では過去製品のリプレイス品を開発することが増えてきており、どれも数十年前の製品だったりするので、設計資料が豊富ではありません。
そのため、リプレイス品を開発する前に過去製品のソースコードを解析する必要があり、今まで、エディターでソースコードを開き一つ一つ追いかけていました。
非常に工数がかかっていました。 しかし、Understand のおかげで解析工数を削減することができました。 高機能エディターとしても活用できるので非常に便利です。

理研計器株式会社・技術部


グローバル変数の依存関係が瞬時に確認できるので、レガシーコードのCPU置き換え作業で役に立ちました。コードの解析~変更時の影響箇所の確認~単体試験仕様書の作成と大活躍です。

解析前の設定が不要で、ソースファイルを準備するだけで使用開始が可能です。操作も軽く、ソースコード解析の作業時間が短縮されます。

関数の依存関係が瞬時にわかるためソースコード解析に大変重宝しております。また、Understand はソースコードの解析結果をoutputする機能が優れており、図や表などユーザーの用途に応じて、簡単に結果を出力することができます。

某映像機器メーカー

今回、他の方が作成されたソースコードを変更及ひ改良することになったので、
Understandを使用いたしました。自分の作ったコードではなく、仕様書も完全なものがなかったため、コードの解析に時間がかかっていましたが、Understandを使ったところ、どの関数がどこで使われているか、どこで定義するかが即座に確認できたため、作業工数が大幅に低減できました。体感的には、コードの解析や影響分析の作業効率は10倍くらい上がったと思います。納期が短い仕事であったため、Understandがなければ間に合いませんでした。ですので、非常に有用であると感じました。
株式会社モリタ製作所

ソースコード解析ツール Understandに
関するお問い合わせ

  • テクマトリックス株式会社
    東京本社

    ソフトウェアエンジニアリング事業部

    03-4405-7853

メールでのお問い合わせ
scitools-info@techmatrix.co.jp

CONTACT

製品についてやテクマトリックスについてなど、
こちらよりお気軽にお問い合わせいただけます。