API以外のテストも自動化

SOAtestはAPIのテストに加えて、DBの値の直接参照・編集、APログの検証、バッチファイルやシェルの実行などの処理もシナリオテストに統合して自動化できます。SOAtestは単なるAPIのテストツールにはとどまらず、幅広いテスト自動化のソリューションを提供します。

DBの値を直接参照・編集

DBの初期化やDBの値の検証を自動化

SOAtestはAPIのテストを実行する前提としてDBの値を初期化しておくことやAPIテスト後のDBの値の検証などについてもシナリオテストに統合して自動化します。

例)[テスト1:DB初期化]でAPIテストを実行する前にDBを初期化。[テスト6:DB値検証]で任意のSQLを実行しDBの値を検証
例)[テスト6:DB値検証]で取得したDBの列はXMLの要素に自動的に変換されるため要素ごとに値の検証が可能

バッチやシェルなどの実行もシナリオテストに統合

JP1のジョブ実行や業務処理も自動化

SOAtestはバッチやシェルなどの実行形式ファイルを実行し、戻り値や標準出力の内容の検証についてもシナリオテストに統合して自動化します。

例)[テスト3:External Tool]でバッチファイルを実行。実行ファイルが終了するまで待機を行うように設定
例)バッチファイルを実行した際の標準出力の内容を検証

APログの検証を自動化

APIテスト時のAPログの内容を検証

SOAtestはアプリケーションログに出力された内容の検証についてもシナリオテストに統合して自動化します。

例)[テスト3:FTP Client]でAPIテスト実行後のAPログをアプリケーションサーバーの環境から取得。[FTP Client]は[get]コマンドで[api.log]を取得。
 例)[テスト3:FTP Client]で取得したログを[テスト4:File Reader]で読み込み、[Extension Tool]で任意のスクリプトを書いてログを検証することも可能

エビデンスの取得を自動化

APIのテストログなどの取得を自動化

SOAtestはAPIテストで送受信したトラフィックやDBアクセスで送受信したトラフィックに加え、バッチやシェルなどの実行形式ファイルの実行ログなどをエビデンスとしてファイル出力する処理をシナリオテスト統合して自動化します。

例)[テスト2:placeOrder]のAPIテストで発生したトラフィックをエビデンスとして任意のフォルダにファイル出力する処理を自動化。エビデンスのファイル名に%tを付与することでミリ秒単位のユニークな日時をファイル名に付与

APIのテスト自動化とサービス仮想化を1ツールで SOAtest/Virtualizeに
関するお問い合わせ

  • テクマトリックス株式会社
    東京本社

    ソフトウェアエンジニアリング事業部

    03-4405-7853

メールでのお問い合わせ
parasoft-info@techmatrix.co.jp

CONTACT

製品についてやテクマトリックスについてなど、
こちらよりお気軽にお問い合わせいただけます。