サービス仮想化ツール「Virtualize」

高性能なスタブの新規作成・利用と応答条件の設定

1. スタブの新規作成

1-1. マニュアルでレスポンダーを作成

API の応答を仮想化するレスポンダーをマニュアルで作成する方法をご紹介します。こちらの例では、SOAP Message Responder という SOAP Web サービスの応答を仮想化するツールを利用し、書籍の検索APIの応答を仮想化します。SOAP Message Responder で応答させたい電文を設定することで、設定は完了です。※ [Parasoft イベント詳細] パースペクティブは、メニューの [ ウィンドウ] → [パースペクティブ] → [パースペクティブを開く] → [その他] から開く事ができます。





1-2. 定義ファイルからレスポンダーの自動生成

API の仕様を定義するファイル(Swagger、RAML、WSDL、XML スキーマ等)からレスポンダーを自動生成します。この例では SOAP Web サービスの仕様を定義する、WSDL ファイルを読み込み、レスポンダーを生成します。生成する8つのレスポンダーの雛形の内、書籍の検索 API の応答を仮想化するレスポンダーを編集します。





1-3. トラフィックのキャプチャとレスポンダーの自動生成

トラフィックのキャプチャ

バックエンドの API とのデータ連携でやり取りする電文を記録し、テキストファイルに保存する方法をご紹介します。この電文ファイルを読み込むことで、レスポンダーを自動生成することができます。電文の記録には、Virtualize のプロキシ機能を利用します。フロントエンドのアプリケーションとバックエンドの API とのデータ連携が、プロキシを経由してやり取りするように設定します。フロントエンドのアプリケーションを操作した際に生じる電文をプロキシによって記録し、テキストファイルに保存します。






キャプチャしたトラフィックからレスポンダーを自動生成

電文が記録されたファイルを基に、レスポンダーを自動生成する方法をご紹介します。こちらの方法では、電文ファイルに記録されたデータが設定されたレスポンダーを自動生成します。複数の API との通信を記録した場合には、複数のレスポンダーが生成され、シナリオテストを実施することができます。





2. スタブの利用&スマートなスタブに拡張

2-1. レスポンダーのデプロイ&利用

作成済みのレスポンダーをデプロイし、アプリケーションから利用する方法をご紹介します。複数のレスポンダーがデプロイされている場合は、リクエストに対応したレスポンダーが応答するするため、クライアントアプリケーションのシナリオテストを実施することができます。





2-2. レスポンダーの応答条件

リクエストに対して適切な文脈でレスポンダーが応答するように、応答条件を設定する方法をご紹介します。リクエストヘッダーやリクエストボディの各項目を応答条件として設定できます。こちらの例では、リクエストボディの "title" 項目を応答条件として設定し、 "title" 項目の値に応じてレスポンダーに適切な文脈(データ)で応答させる例をご紹介します。





2-3. レスポンダーの補足機能

レスポンダーに設定が可能な補足機能の例をご紹介します。レスポンダーで応答する電文のヘッダー情報の追加・編集、ステータスコードの編集、思考時間の設定など施した場合のレスポンダーの挙動を確認します。また、レスポンダーに応答させない設定や、エンコーディングの指定方法についても追加でご紹介します。





APIのテスト自動化とサービス仮想化を1ツールで SOAtest/Virtualizeに
関するお問い合わせ

  • テクマトリックス株式会社
    東京本社

    ソフトウェアエンジニアリング事業部

    03-4405-7853

メールでのお問い合わせ
parasoft-info@techmatrix.co.jp

CONTACT

製品についてやテクマトリックスについてなど、
こちらよりお気軽にお問い合わせいただけます。