FAQ - SecurID Access (旧Authentication Manager)

SecurID Access (旧Authentication Manager)

SecurID Access (旧Authentication Manager)について
  1. SecurID Access (旧Authentication Manager)とはなんですか?
  2. プライマリ・サーバーとはどのようなものですか?
  3. レプリカ・サーバーとはどのようなものですか?
  4. プライマリで登録した情報はどのようなタイミングでレプリカに同期されますか?
  5. 新機能リスクベース認証とOTPは共存可能ですか?
  6. リスクベース認証はワンタイムパスワードライセンスの他に費用がかかりますか?
  7. リスクベース認証ではどのような要素でリスクを判定するのですか?
  8. SecurID Access (旧Authentication Manager)(仮想アプライアンス版)をインストールするサーバーのシステム要件を教えてください。
  9. SecurID Access (旧Authentication Manager)(仮想アプライアンス版)をインストールするサーバーのプラットフォームを教えてください。
  10. RSA SecurID Appliance とはなんですか。
  11. RSA SecurID Appliance にはどのような種類がありますか。
  12. A130とA350ではどのような違いがありますか。
ライセンスについて
  1. ライセンスはどういう考え方ですか?
  2. ライセンス形態について教えてください。
  3. ライセンスの数量は自由に購入できますか?
  4. 購入後にライセンスを増やすことはできますか?
保守について
  1. 保守の構成について教えてください。
  2. 保守の契約期間について教えてください。
  3. 保守は複数年での契約はできますか。
  4. 1ヵ月単位での保守更新は可能ですか。
  5. 新規導入時の保守はいつから開始されますか。
  6. ソフトウェア保守(もしくはハードウェア保守)のみ加入でも RSA SecurID Appliance をサポートいただけますか。
  7. 保守契約期間満了後に保守契約を再更新する場合、ペナルティ等発生しますか。
  8. RSA SecurID Appliance がハードウェア障害だと判断された場合、パーツ交換での対応は可能でしょうか。

回答

Authentication Managerについて

1. SecurID Access (旧Authentication Manager) とはなんですか?

ワンタイムパスワードの処理・ユーザーの管理等を行う認証サーバーライセンスです。
仮想アプライアンス版と物理アプライアンス版にて提供しております。

2. プライマリ・サーバーとはどのようなものですか?

正となるサーバーです。各種設定・管理および認証処理の機能を持ちます。

3. レプリカ・サーバーとはどのようなものですか?

副となるサーバーです。プライマリと同様に認証を処理することが出来ますが、 設定・管理操作に関しては読み取り専用となります。
なお、プライマリ・レプリカはいずれもActiveで稼動させる必要があります。

4. プライマリで登録した情報はどのようなタイミングでレプリカに同期されますか?

情報の同期をリアルタイムに行います。

5. 新機能リスクベース認証とOTPは共存可能ですか?

共存可能です。ただし、認証方式ごとにAgent(連携機器)が必要です。

6. リスクベース認証はワンタイムパスワードライセンスの他に費用がかかりますか?

別途、ユーザ数分のリスクベース認証用ライセンス(On-Demandトークンつき)および ライセンス数に対する保守費用がかかります。

7. リスクベース認証ではどのような要素でリスクを判定するのですか?

ユーザID/パスワード・デバイスプロファイル・ユーザビヘイビアなど100以上の要素からリスクを判定し、認証に利用しています。

8. RSA SecurID Appliance (仮想アプライアンス版)をインストールするサーバーのシステム要件を教えてください。

こちらをご参照ください。

9. RSA SecurID Appliance (仮想アプライアンス版)をインストールするサーバーのプラットフォームを教えてください。

こちらをご参照ください。

10. RSA SecurID Appliance とはなんですか。

RSA SecurID Appliance がバンドルされたハードウェア型の認証サーバーです。

11. RSA SecurID Applianceにはどのような種類がありますか。

エントリーモデルのA130とハイエンドモデルのA350の二種類がございます。

12. A130とA350ではどのような違いがありますか。

こちらをご参照ください。

ライセンスについて

1. ライセンスはどういう考え方ですか?

トークン、リスクベース認証オプション、固定パスコードを割り当てたユーザ数がライセンス数としてカウントされます。

2. ライセンス形態について教えてください。

RSA SecurID Access(旧Authentication Manager) ライセンスは、ベース・エディションとエンタープライズ・エディションの2種類から構成されております。
  • ベース・エディション
    プライマリ/レプリカ 1台ずつまでの構成をサポートします。
  • エンタープライズ・エディション
    1台のプライマリに対して最大10台までのレプリカを構成できます。 また、それを6構成まで構築ならびにサポートが可能です。

3. ライセンスの数量は自由に購入できますか?

最小発注数が10、発注単位が5ユーザライセンスとなっております。
※ 既存ユーザ様で、ご利用されているRSA SecurID Access(旧Authentication Manager) のバージョンが7.1以下の場合、ライセンス数のレンジ幅は下記のようにあらかじめ定められております。
ライセンス数:25,50,100,150,250,500,750,1000,1500,2000,2500,3500,5000 
5000ライセンス以上はご相談ください。

4. 購入後にライセンスを増やすことはできますか?

5ユーザずつライセンスアップ可能となります。
※ 既存ユーザ様で、ご利用されているRSA SecurID Access(旧Authentication Manager) のバージョンが7.1以下の場合、決められたレンジでのライセンスアップとなります。

保守について

1. 保守の構成について教えてください。

仮想アプライアンス版に関しましてはソフトウェア保守、物理アプライアンス版に関しましてはハードウェア保守とソフトウェア保守から成り立ちます。
こちらをご参照ください。

2. 保守の契約期間について教えてください。

保守の契約ならびに更新は1年単位となります。

3. 保守は複数年での契約はできますか。

弊社営業担当者までご相談ください。

4. 月単位での保守更新は可能ですか。

月単位での契約ならびに更新はできません。

5. 新規導入時の保守はいつから開始されますか。

SecurID Access(旧Authentication Manager) インストールメディア(物理アプライアンス版をご購入の場合、Appliance Hardware)を納品させていただいた翌月1日から保守が開始されます。

6. ソフトウェア保守(もしくはハードウェア保守)のみ加入でもRSA SecurID Appliance をサポートいただけますか

RSA SecurID Appliance のサポートを受けるにはソフトウェア保守・ハードウェア保守両方の加入が必須となります。

※ RSA SecurID Appliance 本体には3年間のセンドバック保守費用が含まれております。
センドバック保守をご希望の場合は3年目までソフトウェア保守のみの費用でサポートをお受けできます。

7. 保守契約期間満了後に保守契約を再更新する場合、ペナルティ等発生しますか。

保守未締結期間に応じて、以下(A)~(D)の料金が適用されます。
(A) 前回の保守満了日から6 ヵ月以内に保守更新を継続される場合:
 ⅰ.保守満了日から12 ヶ月分の保守料 (遡り継続期間)

(B) 前回の保守満了日から6 ヵ月以上12 ヶ月以内に保守更新を継続される場合:
 ⅰ.保守満了日から再継続までの期間(x ヶ月)の保守更新料(遡り継続期間)
 ⅱ.遡り分の保守料金の10% (再継続手数料)
 ⅲ.12 ヶ月分の保守料

パターンB の場合、上記(i)+(ii)+(iii)のご購入となります。

(C) 前回の保守満了日から12 ヵ月以上24 ヶ月以内に保守更新を継続される場合:
 ⅰ.保守満了日から再継続までの期間(x ヶ月)の保守更新料(遡り継続期間)
 ⅱ.保守遡り分の該当製品のライセンス料金の20% (再継続手数料)
 ⅲ.12 ヶ月分の保守料

パターンC の場合、上記(i)+(ii)+(iii)のご購入となります。

(D) 前回の保守満了日から24 ヶ月以上経った後に保守更新を継続される場合:
 ⅰ.製品の新規購入(定価から20%割引き)
 ⅱ.12 ヶ月分の保守料

パターンD の場合、上記(i)+(ii)のご購入となります。

※ ご契約中のメンテナンス製品の保守期限満了前までに、保守更新のご契約/ご発注いただくようお願い申し上げます。

8. Appliance Hardwareがハードウェア障害だと判断された場合、パーツ交換での対応は可能でしょうか。

パーツ交換の対応はできません。Appliance Hardware本体まるごと交換での対応となります。

RSA SecurIDに
関するお問い合わせ

  • テクマトリックス株式会社
    東京本社

    ネットワークセキュリティ事業部
    第3営業部
    セキュリティプロダクツ営業3課

    03-4405-7816

  • テクマトリックス株式会社
    西日本支店

    ネットワークセキュリティ営業課

    06-6484-7486

メールでのお問い合わせ
sdi-info@techmatrix.co.jp

CONTACT

製品についてやテクマトリックスについてなど、
こちらよりお気軽にお問い合わせいただけます。