イベント・セミナー

  • 2022.07.12~2022.07.14
    • オンラインセミナー(Webinar)
    • セキュリティ ネットワーク/ストレージ

【テクカン2022】近未来のデジタル・インフラストラクチャーへのシフト

~オペレーションの安定性と自動化~

テクカン2022ビジネスシーンに大きな変化をもたらす「デジタルトランスフォーメーション(DX)」。
コロナ禍によるビジネススタイルの変化をきっかけに、さまざまな業界や企業で推進され、変革に向けた動きが一段と加速しています。
ビジネス変革が加速する中、デジタル・インフラストラクチャーの在り方も大きく変わってきました。
クラウドの活用が進み、高度な拡張性、柔軟性が求められ、従来のオンプレミスシステムではシステムの安全性・安定性の確保も難しくなってしまいます。
また、慢性的なIT人材不足に悩む企業などでは、既存システム保守・運用の負担が大きく、デジタルトランスフォーメーション(DX)まで手が回らないという悩みを抱えているケースが少なくありません。

本セミナーでは、これらの課題の糸口となるテクマトリックスが考える近未来のデジタル・インフラストラクチャーの活用についてお伝えします。
テクマトリックスでは、技術の「導入」ではなく、「活用」にあると考え、利用者の視点に立ち、ITシステムの課題をお持ちのお客様をご支援いたします。

みなさまの参加を心よりお待ちしています。

セミナー視聴後アンケートにご回答いただいた方へ、もれなくAmazonギフト券500円分を贈呈します!

また視聴後アンケートにて「書籍希望」とお申し込みいただいた方から、抽選で50名様に「DXを推進する新しいITセキュリティ部門のあり方(EnterpriseZine Digital First)」( 7/13(水)基調講演登壇 独立行政法人 情報処理推進機構(IPA) 佐々木弘志 著 )をプレゼントいたします。
開催日程

2022年7月12日(火)~2022年7月14日(木)

関連製品
参加費 無料 / 事前登録制
※「テクカン2022」開催期間中は、ログインボタンが表示されます。
参加方法 テクカン2022サイトにて、事前登録
お申し込みフォームより事前登録いただいた方に、メールにてログインURLをお送りいたします。本ページにもイベント開始前にログインURLを掲載いたします。
利用システム オンライン(ZIKU)
主催 テクマトリックス株式会社
協賛 F5ネットワークスジャパン合同会社、SentinelOne Japan株式会社、SB C&S株式会社、タニウム合同会社
注意事項 ・本イベントは事前登録制となっております。
・本イベントはオンライン開催となります。ネット環境をご用意ください。
・通信料はご負担ください。
・動画の録画および画面キャプチャはご遠慮ください。
・より良い環境でご聴講いただくために、イヤホン・ヘッドフォンをご利用ください。
セミナー視聴後アンケートについて ・アンケート回答は、おひとり様、1メールアドレスの登録でお願いいたします。
・ご入力いただいたメールアドレス宛に、追ってメールでご案内いたします。
・弊社にて不正登録と判断させていただきました場合は、無効になる場合もございます。予めご容赦ください。
・本キャンペーンはユーザ様限定のものとなっております。競合会社の方、フリーアドレスの方、弊社にて本アンケートがふさわしくないと判断させていただきました方は、無効になる場合もございます。予めご容赦ください。

セミナースケジュール

セミナー視聴後アンケートにご回答いただいた方へ、もれなくAmazonギフト券500円分を贈呈します!
2022年7月12日 (火) 2022年7月13日 (水) 2022年7月14日 (木)
開催時間:10:00~10:40
[基調講演 1 ] ゼロトラストアーキテクチャによるデジタルインフラストラクチャの構築
株式会社アイ・ティ・アール
コンサルティング・フェロー
藤 俊満 氏
コロナ禍も3年目を迎え企業の勤務形態はWEB会議・テレワークを中心としたデジタルワークスタイルが定着してきている。一方でランサムウェア感染やビジネスメール詐欺など境界防御型セキュリティの限界が見えてきておりゼロトラストアーキテクチャへ進化が求められている。本講演では、ゼロトラストアーキテクチャをもとにしたデジタルインフラストラクチャ構築の進め方を説明します。
開催時間:10:00~10:40
DX推進を実現するサイバーセキュリティアーキテクチャ
独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)
産業サイバーセキュリティセンター(ICSCoE)
専門委員(非常勤)
CISSP
佐々木 弘志 氏
DX推進に伴い、情報システムのクラウド移行や、工場・サプライチェーン・製品・サービスのデジタル化によって、セキュリティ管理の対象領域が広がっており、その変化への追従が十分でない企業がサイバー攻撃の被害遭うことで、ビジネス継続に影響が出る事態となっています。このような拡大した領域のセキュリティ管理に対して、組織、運用、技術の観点での新しい「サイバーセキュリティアーキテクチャ」を示します。
開催時間:10:00~10:40
[基調講演 3] ポストコロナを見据えたセキュリティオペレーション
株式会社資生堂 情報セキュリティ部
マネージャー
藤井 正浩 氏
DXの進展、クラウド利用の拡大、リモートワークの定着、サプライチェーンの高度化等を背景に、ITを取り巻く環境が大きく変化してきました。また、新型コロナウイルスの終息が期待されるなか、さらなる環境変化も予想されます。弊社事例も交えながら、ポストコロナを見据えたセキュリティオペレーションについて解説します。
開催時間:10:45~11:15
WAFを超越した「WAAP」
~複雑化するアプリケーションを守る次世代型クラウドWAF~
F5 Distributed Cloud Web Application and API Protection(F5 WAAP)
昨今のアプリケーションはマルチクラウド化や他サービスとのAPI連携が進んだことで従来よりも複雑な構造になっています。そのアプリケーションに対する悪性BOTからの不正アクセスやAPIの脆弱性を狙った攻撃は日々増加しており、従来のWAFを使ってこれらの攻撃を防ぐことは難しくなりつつあります。本セッションでは最新の脅威から効率的にアプリケーションを保護するためのクラウドサービス「F5 WAAP」をユースケースとデモを交えご紹介いたします。
開催時間:10:45~11:15
AIを活用した最先端のランサムウェア対策テクノロジーに迫る
SentinelOne
概本セッションでは、サイバー攻撃者が実際に使用した戦術・技術をベースとしたMITRE ATT&CKの評価で100%検知したSentinelOne製品について、ランサムウェア「Emotet」の検知デモ交えて解説します。
開催時間:10:45~11:15
博報堂プロダクツ様が語る、ファイルサーバを統合するポイント
~情報システム担当のリアルな体験談~
株式会社博報堂プロダクツ
情報システム室 情報システム二部
インフラマネジメントチーム
石森 圭 氏
博報堂プロダクツ様がファイルサーバ統合をどのように実現したのか。
各部門にてファイルサーバを導入していたことで、乱立したファイルサーバの管理と運用に非常に時間がかかっていました。
クリエイターからのストレージ要求、最適な運用、ファイルサーバ統合を目指し新ファイルサーバーの導入に踏み切りました。
本セッションでは、導入前の運用管理と、導入時に検討したこと、導入後の運用について情報システム担当のリアルな体験談も交えてご紹介します。
開催時間:11:20~11:55
あらゆる環境に対応!MFAを活用したパスワードレス認証強化
RSA SecurID Access
クラウド利用やテレワークが急速に普及した昨今、そのアカウントを狙った標的型攻撃も増加の一途を辿っており、企業の入口を守る認証強化は重要なポイントです。本セッションでは、MFAを活用した認証強化、SecurID Accessをご紹介します。
開催時間:11:20~11:55
既存の対策では擦り抜けるファイル経由の脅威除去をクラウドで!
Votiro Disarmer API
AVやサンドボックスなど検知型のセキュリティ対策は、脅威の擦り抜けが発生し、後手後手の対策となりがちです。『Votiro Cloud』は、検知に頼らない脅威を除去する手段をクラウドで提供します。
開催時間:11:20~11:55
インターネット上の攻撃対象領域を可視化 Cortex Xpanse
Palo Alto Networks Cortex Xpanse
クラウドの利用やテレワークの急速な普及により、インターネット上には企業や組織の様々な資産が存在する時代となってきています。 資産のクラウド化によってユーザーの利便性は大幅に向上した反面、インターネット上の脅威に晒されるリスクも増大しています。 本セッションではインターネット上に公開されている企業や組織の資産の洗い出しと、リスク分析に有効な、昨今注目されているアタックサーフェスソリューションをご紹介します。
昼休憩
開催時間:13:00~13:30
Skyhigh SSEで解決!CASB導入の難所とは?
Skyhigh Security Service Edge
クラウドセキュリティの第1歩として、多くのユーザ様がCASBの導入を推進されていますが、その中で、導入・運用の難所もまた、見えてきています。 本セッションでは適切な推進に向けた当社のPOC支援、運用支援についてご紹介いたします。
開催時間:13:00~13:30
クラウドネイティブ活用ソリューション・テクマトリックスNEO
テクマトリックス NEO
クラウドネイティブを活用していただくための新サービスであるテクマトリックスNEOをリリースします。ネットワークセキュリティの領域の方向けにクラウドネイティブと従来インフラの違いや有効性を本セションでお伝えします。
開催時間:13:00~13:30
2022年サイバーセキュリティのトレンド
TechMatrix Premium Support powered by TRINITY
今、現場で発生しているセキュリティインシデントの傾向やその対策方法を 弊社監視センターのセキュリティアナリストがわかりやすく解説します。
開催時間:13:35~14:05
セキュアな拠点間通信を実現する次世代SD-WANソリューション Prisma SD-WAN
Palo Alto Networks PRISMA SD-WAN
企業や組織の働き方改革推進や拠点の分散化、急速に普及したテレワークなどにより、近年、インターネット接続拠点が大幅に増加傾向にあります。 インターネット接続拠点の増加により、拠点間ネットワークは複雑化しており、安定したパフォーマンスの確保や統一化されたセキュリティレベルの定義が昨今の課題となっています。
本セッションではこれらの課題を解決するのに最適な次世代SD-WANソリューションをご紹介します。
開催時間:13:35~14:05
タニウム エバンジェリストが解説!"サイバーハイジーン"常日頃の現状把握と対応が組織を守る
~嘘?こんなに視えてない?~
タニウム合同会社
Chief IT Architect
楢原 盛史 氏
エンドポイント管理のセキュリティ強化の取り組みとしてサイバーハイジーン(ITの健康診断)が今注目されています。サイバーハイジーンの最新動向と、Taniumを活用した解決方法を実際の操作デモを交えてご紹介いたします。
開催時間:13:35~14:05
従業員のセキュリティ教育もニューノーマルへ
PSAT(Proofpoint Security Awareness Training)
ランサムウェアやEmotetなどのマルウェアの脅威、そのきっかけとなるのが、メールを活用した人を狙った標的型攻撃です。 その「人」を強化するために必要な「サイクル」を一貫して提供するソリューションを、活用事例と合わせてご紹介します。
開催時間:14:10~14:40
クラウド?オンプレの今こそわかるZTNAの違い
SB C&S株式会社
技術統括部 第3技術部
ソリューションエンジニア
宮本 世華 氏
SASE型、SSE型、そしてオンプレ型ZTNAの違いを比較を説明します。企業が採用するべき『ZTNA』がきっとご理解いただけます。
開催時間:14:10~14:40
脅威検知の早期化を手間なく実現! NDRツールVectra AI
Vectra AI
ネットワーク内部に侵入された脅威を可視化できていますか? 外部からの攻撃が増加し続ける今、いかに早期検知できるかが重要なポイントになります。 本セッションでは動作の実演を交え、Vectra AIをご紹介します。
開催時間:14:10~14:40
Cohesityを使ったランサムウェアからのデータ保護とは?
Cohesity
ランサムウェア等のサイバー攻撃から確実にデータを守り、業務を継続していく為に、Cohesityを使って、ランサムウェア対策とBCP対策を実現する機能や事例をご紹介します。
  
開催時間:14:45~15:15
いざモノリシックからの脱却!マイクロサービスの運用課題はNGINXでクリア
NGINX
近年、アプリケーションを安全かつスピーディに開発するための手法として「マイクロサービスアーキテクチャ」が注目されています。しかしマイクロサービスも決して万能ではなく、円滑に運用するには解決しなければならない課題があります。本セッションではマイクロサービスの概要と運用面の課題を解説したうえで、NGINXを活用した解決方法をご紹介します。
  

※ セミナーの内容は事前のお知らせ無く、変更する場合がございます。

VR展示会

バーチャル展示会空間をアバターで歩き回り、基調講演/セッション動画の視聴や展示物の確認、説明員とテキストを利用して会話することが可能となっております。

ネットワーク・ゼロトラストホール

ネットワーク・ゼロトラストホール

エンドポイントセキュリティ・コンテナセキュリティホール

エンドポイントセキュリティ・コンテナセキュリティホール

SoC・SOAR・ストレージ・HCIホール

SoC・SOAR・ストレージ・HCIホール

本件についてお問い合わせ

  • テクマトリックス株式会社
    東京本社

    ネットワークセキュリティ事業部
    マーケティングチーム

    03-4405-7860

お問い合わせ

製品についてやテクマトリックスについてなど、
こちらよりお気軽にお問い合わせいただけます。