ソリューション : Web認証:Web ServerとAuthentication Manager

Web認証:Web ServerとAuthentication Manager

Webの役割はコンテンツの表示に留まらず、ショッピング、ネットバンキング等、様々な様式を見せています。最近ではネットバンキングのログインにもSecurIDが使用され、セキュリティに対する姿勢が、どの企業におきましても重要視されています。

そのWebサーバとRSA Authentication Managerとの連携構成例を紹介します。一般的な構成としては、Webサーバ自身にAuthentication Agentをインストールすることで、Authentication Managerと連携することが可能です。

一般的な構成例

構成図:Web ServerとAuthentication Manager 

前提条件

  • SecurID認証を実現するモジュール、RSA Authentication AgentをWeb Serverにインストールする必要があります。構成例ではFireWallがありますが、ポート制限がかかる環境におきましては、HTTP (80/TCP)やSSL(443/TCP)を必要に応じて開放します。

動作概要

  1. クライアントPCのWebブラウザからHTTP/HTTPSにてWeb Serverに接続します。
  2. RSA Authentication Agentの専用認証フォームが表示されます。その認証フォームに、ユーザIDとパスコードを入力します。
  3. Web Serverから、RSA SecurID Applianceに認証を要求します。RSA SecurID Appliance上でユーザ認証が成功すると、HTTP/HTTPSのセッションが確立されます。
  4. セッション確立後は、Web Serverが展開するコンテンツを確認できます。

主な構成

  • RSA SecurID Appliance(RSA Authentication Manager) 

RSAプロダクトファミリーに
関するお問い合わせ

  • テクマトリックス株式会社
    東京本社

    ネットワークセキュリティ事業部
    第3営業部
    セキュリティプロダクツ営業3課

    03-4405-7816

  • テクマトリックス株式会社
    西日本支店

    ネットワークセキュリティ営業課

    06-6484-7486

メールでのお問い合わせ
RSA SecurID:sdi-info@techmatrix.co.jp / RSA NetWitness Logs and Network:rsa-sa-info@techmatrix.co.jp / RSA NetWitness Endpoint:rsa-ecat-info@techmatrix.co.jp / RSA Archer eGRC Platform:archer-info@techmatrix.co.jp

CONTACT

製品についてやテクマトリックスについてなど、
こちらよりお気軽にお問い合わせいただけます。