McAfee MVISION Unified Cloud Edge

CASB、SWG、DLP を1つに統合したソリューション

クラウドシフト、インターネットブレイクアウト、モバイルワークフォースが進み、これまで以上に多くのデータがクラウドでもやり取りされます。データ保護のため、企業は自社のセキュリティをクラウドにまで広げ、デバイスからクラウドまで一貫したデータ保護の手法が必要となります。
3つのテクノロジー(CASB / SWG / DLP)を1つに統合したMcAfee社のMVISION Unified Cloud Edge(UCE)は統一されたインシデント管理とワークフローを実現します。

  • CASB
  • シャドーIT対策
  • ウイルス対策

デバイスからクラウドまで一貫したデータ保護と脅威のコントロールを提供

MVISION Unified Cloud Edge(UCE)は、CASB、SWG、DLP の管理を一つのインターフェース上から可能にすることで、全クラウドサービスへのアクセス制御や脅威への対策を単一のロケーションから可能にし、管理の煩雑さを解決します。構成をシンプルにすることは、不必要なコンポーネントを削除し、コスト削減にも繋がります。
また、デバイスからクラウドまで同一のDLPポリシーを適用することで、データの一貫した可視化とコントロール、調査やレポート作成の迅速化を実現します。

McAfee MVISION Unified Cloud Edgeに
関するお問い合わせ

  • テクマトリックス株式会社
    東京本社

    ネットワークセキュリティ事業部
    第3営業部
    セキュリティプロダクツ営業1課

    03-4405-7814

メールでのお問い合わせ
mfe-info@techmatrix.co.jp

CONTACT

製品についてやテクマトリックスについてなど、
こちらよりお気軽にお問い合わせいただけます。