McAfee MVISION Cloud

クラウドの利用状況を可視化・コントロール・保護

コスト削減や業務効率向上の理由から、企業でのクラウド利用は急速に進んでいます。適切にクラウドを利用するため、管理者が世界中全てのクラウドサービスを把握し、アクセス制御をすることは、現実的に不可能でしょう。
McAfee MVISION Cloudは、企業で利用されているクラウドの利用状況を可視化・コントロール・保護を行うことができるCASB(Cloud Access Security Broker)製品です。

  • CASB
  • シャドーIT対策

クラウドサービスのコントロールポイント

時代の変化に伴い、企業でのクラウドサービスの利用が活発となり、それに伴いクラウドサービスに関するセキュリティインシデントも増加しています。クラウドサービスのセキュリティ対策として生まれた、CASB(Cloud Access Security Broker:キャスビー)は、Gartner社が提唱したコンセプトで、クラウドサービスの可視化・データ・プロテクション・ガバナンスを実現します。
McAfee MVISION Cloudは業界トップの製品となっています。詳細にリスク分析された27,000以上のクラウドサービス情報を保持し、「誰が」、「いつ」、「何を」、「どのくらい」クラウドの利用状況を可視化し、リスクを把握することができます。

McAfee MVISION Cloudに
関するお問い合わせ

  • テクマトリックス株式会社
    東京本社

    ネットワークセキュリティ事業部
    セキュリティ営業部
    セキュリティプロダクツ営業1課

    03-4405-7814

メールでのお問い合わせ
mfe-info@techmatrix.co.jp

CONTACT

製品についてやテクマトリックスについてなど、
こちらよりお気軽にお問い合わせいただけます。