Insure++

C/C++対応自動エラー検出ツール

Insure++は、C/C++アプリケーションのランタイムエラーを自動的に検出する開発支援ツールです。メモリ破壊、メモリリーク、ポインターエラー、I/OエラーといったC/C++特有の検出困難なエラーをプログラムコンパイル時と実行時に自動的に検出します。さらに、オプション製品のTCAや Inuseを使用することにより、カバレッジ分析、メモリ使用分析も可能です。

  • ソフトウェア品質保証
  • ソフトウェア品質向上
  • エラー検出

検出困難なメモリリークやメモリ参照エラーを自動検出

Insure++は、C/C++アプリケーションのランタイムエラーを自動的に検出する開発支援ツールです。メモリ破壊メモリリークポインターエラー I/OエラーといったC/C++特有の検出困難なエラーをプログラムの実行時に自動的に検出します。また、NULLポインタ未初期化メモリの使用、ダングリングポインタといったメモリ領域の確保と解放に関わる問題も自動的に検出します。さらに、システムへの攻撃に利用されることの多いオーバーフローについても、アプリケーションの実行時にメモリ領域を監視し、バッファオーバーフロースタックオーバーフロー不正なメモリアクセスなどのエラーを検出します。
Insure++を使用することにより、高品質なソフトウェアを迅速かつ容易に開発できます。
 


Insure++に
関するお問い合わせ

  • テクマトリックス株式会社
    東京本社

    システムエンジニアリング事業部
    ソフトウェアエンジニアリング営業部

    03-4405-7853

メールでのお問い合わせ
parasoft-info@techmatrix.co.jp

CONTACT

製品についてやテクマトリックスについてなど、
こちらよりお気軽にお問い合わせいただけます。