テストカバレッジ分析ツール TCA

TCA(Total Coverage Analysis)*1は、プログラム中で実際にテストされた部分を特定し、ディレクトリ、ファイル、関数、ブロック、行単位でカバレッジを検証します。TCA のカバレッジ分析データからアプリケーションの中でテスト実行されていない箇所を特定し、その箇所が実行されるようにテスト ケースを修正することが可能になります。

  • TCAのレポート(ディレクトリ・ファイル・関数)
    TCA では、プログラムの開始時にコマンドラインで指定されたログ ファイルに基づいて、レポートを表示します。TCA上でログファイルを開くと、ディレクトリ単位、ファイル単位、関数単位でテスト実行率を棒グラフで表示します。
TCAのレポート(ディレクトリ・ファイル・関数) 画像

 
  • TCAのレポート(ソースコード)
    TCAでは、ソースコードをブロック単位でテスト/未テストを表示します。黒で囲まれたブロックがテスト済みで、赤で囲まれたブロックがまだテストされていないブロックを表します。また、ブロック単位のテスト実行回数も表示します。
TCAのレポート(ソースコード)
*1 TCAは、Insure++ Enterprise Editionに含まれています。

Insure++に
関するお問い合わせ

  • テクマトリックス株式会社
    東京本社

    システムエンジニアリング事業部
    ソフトウェアエンジニアリング営業部

    03-4405-7853

メールでのお問い合わせ
parasoft-info@techmatrix.co.jp

CONTACT

製品についてやテクマトリックスについてなど、
こちらよりお気軽にお問い合わせいただけます。