CIツール「Jenkins」活用ソリューション

バグ検出機能をCI環境に組み込みたい企業様向け

バグ検出機能をCI環境に組み込みたい企業様向け

Jenkinsをベースに構築する、CI(継続的インテグレーション)環境に、Parasoft製テストツール体験版(C++testJtestdotTESTのいずれかのServer Edition)のフロー解析(バグ探偵)とコーディングルールチェックを組み込んだ環境を構築します。

 
  • 例1:致命的なバグを早期に発見する「フロー解析」をCI環境に導入
    フロー解析は、テストケースの用意なしに、ソフトウェアの実行パスを1つ1つ検証し、メモリリークや未初期化変数参照のような致命的なバグを検出します。これにより、エラーの原因となる箇所を早期に検出、対処することを可能にします。CI環境と連携することで、ビルドのタイミングで自動的にバグを検出できるようになります。

  • 例2:バグの作り込みを防止する「コーディング規約チェック」をCI環境に導入
    コーディング規約チェックは、社内あるいは開発プロジェクトのコーディング規約を、各開発者が守っているかを自動で解析します。フロー解析と併用して導入することで、「バグの作り込み防止」と「バグの早期発見」の両方を自動で実現することができるようになるため、加速的にソフトウェアの品質向上につながります。
 
  • サービスの内容
    Jenkinsを利用した、構成管理ツールからの自動チェックアウト・自動ビルドとParasoft製品体験版(C++testJtestdotTESTのいずれかのServer Edition)のフロー解析(バグ探偵)とコーディングルールチェックによるソースコードの自動検証・解析結果集計・表示の環境を構築
 
  • 納品までの流れ
    ステップ1 お客様の環境のヒアリング
    ステップ2 環境構築
    ステップ3 手順書の納品
 
  • 注意事項
    本サービスで使用するParasoft製品体験版は、C++testJtestdotTESTのいずれかのServer Editionです。
    Parasoft製品体験版の利用期間は、納品日から1カ月間です。それ以降のご利用をご希望の場合は、製品の購入をご検討ください。
    1回のCI環境構築サービスで組み込むParasoft製品体験版は、1製品です。2製品以上をご検討の場合はお問い合わせください。
    実施時期・詳細については別途、お打ち合わせにて決定します。
    環境構築を実施する場所によっては、別途交通費ならびに出張費を頂戴する場合がございます。
    本サービスで構築した環境ならびに納品物である手順書の瑕疵担保期間は納品日から2週間です。
 
 
  • 問い合わせ先
    本サービスに関しては、お問い合わせ先までご連絡ください。
    既にParasoft製品をお持ちで本サービスにご興味がある方もお問い合わせください。
 
 Jenkins ならびに Jenkins CIは、Jenkins (http://jenkins-ci.org/)に帰属します。また、Creative Commons Attribution 3.0 Unported licenseに従い、利用しています。

CIツール「Jenkins」活用ソリューションに
関するお問い合わせ

  • 東京本社

    システムエンジニアリング事業部
    ソフトウェアエンジニアリング営業部

    03-4405-7853

メールでのお問い合わせ
se-info@techmatrix.co.jp

CONTACT

製品についてやテクマトリックスについてなど、
こちらよりお気軽にお問い合わせいただけます。