CIツール「Jenkins」活用ソリューション

高精度なバグ検出機能をCI環境に取り込みたい企業様向け

CI環境構築+テストツール連携+ルール選定サービス

  • 開発プロジェクトに最適なルールを適用
    開発ソフトウェアの品質の基準は、最終製品の特性やプロジェクトによって、異なります。また、バグ修正の優先度も異なるため、自ずと早期に発見したいバグも異なります。さらに、プロジェクトごとにバグの作りこみ防止や保守性向上のための徹底化すべきコーディング規約も異なります。 つまり、プロジェクトに必要で最適な静的解析ルールを選定し、日々のテストに適用することで、バグの早期発見・バグの作りこみ防止・保守性の向上といった品質向上サイクルを促進することが可能になります。


 

本サービスは、より早い段階からプロジェクトに最適な静的解析ルールを適用できるように、導入のテストツール連携CI環境に適用するルール選定を行います。



  • サービスの内容
    Parasoft製品(C++testJtestdotTESTのいずれか)の静的解析ルールの中から、お客様のソースコードに最適なルールを選定し、ルールセットを作成。テストツール連携CI環境に、選定したルールセットによるソースコードの自動検証・解析結果集計・表示の環境を構築

  • 納品までの流れ
    ステップ1 秘密保持契約の締結
    ステップ2 ヒアリング
    ステップ3 お客様のサンプルソースコードに対する静的解析の実行とルール選定作業
    ステップ4 環境構築
    ステップ5 ルールセット、選定作業レポート※1、手順書の納品 

    ※1:選定作業レポートでは、ルールを選定した理由、選定作業で行ったプロセス、テクマトリックスの考察などが記載されています。
  • 注意事項
    本サービスの対象となるParasoft製品(C++testJtestdotTEST)は、それぞれのServer Editionの最新バージョンです。
    実施時期・詳細については別途、お打ち合わせにて決定します。
    環境構築を実施する場所によっては、別途交通費ならびに出張費を頂戴する場合がございます。
    本サービスで構築した環境ならびに納品物であるルールセット、選定作業レポート、手順書の瑕疵担保期間は納品日から2週間です。



問い合わせ先本サービスに関しては、お問い合わせ先までご連絡ください。
 Jenkins ならびに Jenkins CIは、Jenkins (http://jenkins-ci.org/)に帰属します。また、Creative Commons Attribution 3.0 Unported licenseに従い、利用しています。

CIツール「Jenkins」活用ソリューションに
関するお問い合わせ

  • 東京本社

    システムエンジニアリング事業部
    ソフトウェアエンジニアリング営業部

    03-4405-7853

メールでのお問い合わせ
se-info@techmatrix.co.jp

CONTACT

製品についてやテクマトリックスについてなど、
こちらよりお気軽にお問い合わせいただけます。