AppScan Enterprise

IBM Security AppScan Enterpriseは、企業内におけるWebセキュリティ対策の大規模展開を実現するソリューションです。複数のユーザーによる動的診断の同時実行が可能で、脆弱性検査状況を全社レベルで可視化します。
組織や地域・国の枠を超えて、セキュリティー検査スキームの構築をサポートします。

特徴

1. セキュリティ診断の全社展開を実現

  • 複数ユーザーによる同時検査が可能
    様々な拠点から動的検査を同時実行することができます。 また、検査を実施するクライアントユーザーはWebブラウザ経由で検査できるため、 利用ユーザーの拡張が容易です。
AppScan Enterprise セキュリティ診断の全社展開を実現 図 
  • 検査ステータスの一元管理をサポート
    立場に応じた使用権限の設定が可能です。
    また、管理者は検査結果及び検知した脆弱性の対応状況をリアルタイムに把握し、担当部門・地域ごとに結果を管理することが可能です。
  • グローバル展開を実現
    9カ国語以上の言語に対応しており、テストジョブを地域ごとに管理することが可能です。

2. 問題の可視化

  • ダッシュボード
    複数の脆弱性テスト結果を統計情報としてまとめ、一括表示することができます。
ダッシュボード 図 
  • モニター
    検出した脆弱性を問題のタイプ、状態(修正状況)、CVSS値等でフィルタリングして表示します。脆弱性の修正状況を入力することで、トラッキングが可能です。

  • レポート
    複数の脆弱性テスト結果から選択したものを集約して一つのレポートにまとめて確認することができます。

システム&ソフトウェア要件

AppScan Enterprise バージョン9.0.3.7の要件です。

  AppScan Enterprise Server Dynamic Analysis Scanner
プロセッサ 4Core以上 4Core以上
メモリ 16GB以上 16GB以上
HDD 200GB以上 500GB以上
OS
  • サーバー・サイド
    Windows 2008 R2/2012/2012 R2
    Red Hat Enterprise Linux バージョン 6.0/6.2/6.3/ 6.4
    (Red HatはAppScan Enterprise Serverのみ Dynamic Analysis Scanner は適用対象外)
  • クライアント・サイド
    Windows 7
Web サーバー IIS7 (Windows 2008 Server)
IIS8.0 (Windows 2012 Server)
データベース Microsoft SQL Server 2008/2008 R2/2012/2014/2016
その他の前提条件 Microsoft .NET Framework 4.6.2をインストールしていること
ASP.Net がインストールされ、IIS で使用可能であること
サポート
ブラウザー
Microsoft Internet Explorer 8.0(Silverlight を含む)/9.0/10.0/11.0
Mozilla Firefox 31.0 (ESR)/38.0 (ESR)
Google Chrome (マニュアル探査デスクトップ・ツールの場合のみ)
AppScanは、International Business Machines Corporationの米国および他の国々における登録商標です。
本文中に記載されている会社名および製品名はそれぞれ各社の商標、または登録商標です。

AppScanに
関するお問い合わせ

  • テクマトリックス株式会社
    東京本社

    ネットワークセキュリティ事業部
    セキュリティ営業部
    セキュリティプロダクツ営業2課

    03-4405-7814

メールでのお問い合わせ
watchfire@techmatrix.co.jp

CONTACT

製品についてやテクマトリックスについてなど、
こちらよりお気軽にお問い合わせいただけます。