稼動環境

オンプレミス版

TestRail バージョン 7.0.2.1016 の稼動環境です。

ソフトウェア

Windowsサーバー

  • OS
    Windows Server 2012/2012 R2、2016または2019

  • データベース
    混合モード認証を使用する SQL Server 2012、2014、2016、2017、または2019
    ※Windows上のMySQL は未サポート

  • Webサーバー
    FastCGI/PHP統合を備えたIIS
  • PHP
     7.3 または 7.4(curl、mbstring、zip、json、および sqlsrv 拡張機能を含む)

  • その他
    ionCube PHP Loader拡張機能

Linuxサーバー​

  • OS
    Apache、MySQL、およびPHPをサポートする標準のUnixベースのサーバーOS
    ※Ubuntu ServerのLTSバージョンを推奨。

  • データベース
    MySQL 5.6、5.7、8.0、または MariaDB 10.1以降

  • Webサーバー
    mod_phpまたは同等のものを備えたApache

  • PHP
     7.3 または 7.4(curl、mbstring、zip、json、および mysql 拡張機能を含む)

  • その他
    ionCube PHP Loader拡張機能
 

Webブラウザー​

  • Microsoft Edge (最新のバージョン)
  • Firefox (最新のバージョン)
  • Chrome、Safari、Webkit (最新のバージョン)

ハードウェア

サーバーマシンの要求スペック

  • CPUとコア
    複数のコアを持つ標準的なCPU

  • メモリ
    4GB以上(Linuxの場合)、または6GB以上(Windows Serverの場合)

  • ディスク/IO
    サーバーグレードのディスク/IOサブ システムを推奨

  • ディスク容量
    1ユーザーあたり200MB以上。加えてシステム用領域(マシン全体で20~40GB以上)

  • 仮想化
    サポートあり。サーバーグレードのVM製品

クラウド版

クライアントマシンの環境

Webブラウザー

  • Microsoft Edge (最近のバージョン)
  • Firefox (最近のバージョン)
  • Chrome、Safari、Webkit (最近のバージョン)

テクマトリックスTestRailクラウドサービスの安全性について

テクマトリックスTestRailクラウドサービスは一般社団法人ASP・SaaS・AI・IoTクラウド産業協会(略称:ASPIC)の定める審査基準にしたがって、安全性・信頼性に係る情報開示が適切に行われていることを認定されています。(認定番号:0251-2108)
情報開示認定制度は、総務省等が定めた各種ガイドライン、情報開示指針をもとに、ASP・SaaS等、クラウドサービスの活用を考えている企業や地方公共団体などが、事業者やサービスを比較、評価、選択する際に必要な安全・信頼性に係る情報を適切に開示し、かつ一定の要件を満たすサービスを第3者が認定するものです。
ASP・SaaS情報開示認定制度の詳細についてはこちらをご参照ください。

評価版の利用

TestRailによる効率的なテスト管理を、評価版(無料)でご体験ください。

テスト管理ツール TestRailに
関するお問い合わせ

  • テクマトリックス株式会社
    東京本社

    ソフトウェアエンジニアリング事業部

    03-4405-7853

メールでのお問い合わせ
testrail-info@techmatrix.co.jp

お問い合わせ

製品についてやテクマトリックスについてなど、
こちらよりお気軽にお問い合わせいただけます。