構成例2 Proxyモード (冗長化+負荷分散)

Proxyモード (冗長化+負荷分散)

Proxyモード (冗長化+負荷分散)

  • クライアントのWebブラウザのプロキシ設定によって、MWGをプロキシとして使用する。
  • 個々のMWGは個々のIPアドレスで接続される。
  • MWG①~③を分散して使う方法としては下記のものがある。
  • MWGの前段にロード・バランサを導入する。
  • DNSのラウンドロビンによって振り分ける(DNS Query処理のオーバーヘッドに注意)。
  • クライアント毎で使用するMWGを手動で指定させる(IPの1~100はMWG①、101~200はMWG②...など)。
  • Webブラウザの自動構成スクリプト(Proxy Auto Configuration - PAC)でコントロールし分散させる(MWGはPACファイルの置き場所としての機能 -簡易Webサーバ機能- も備えている)。

McAfee Web Gateway Applianceに
関するお問い合わせ

  • テクマトリックス株式会社
    東京本社

    ネットワークセキュリティ事業部
    セキュリティ営業部
    セキュリティプロダクツ営業1課

    03-4405-7814

  • テクマトリックス株式会社
    西日本支店

    ネットワークセキュリティ営業課

    06-6484-7486

メールでのお問い合わせ
mfe-info@techmatrix.co.jp

CONTACT

製品についてやテクマトリックスについてなど、
こちらよりお気軽にお問い合わせいただけます。