AIでSeleniumを強化するツール Selenic

壊れたUIテストを自動修復。Seleniumテスト資産を最大限に活用した運用を強力にサポート

Selenicは、Selenium運用時の最大の課題であるテストスクリプトのメンテナンスにAIの力を活用し、修正候補を提案するレコメンド機能でSeleniumを運用可能な資産へと変えるツールです。またAIがSeleniumでのテスト時にUIの変化を察知し、それに対してテストスクリプトの挙動を自動修復してテストを続行するセルフヒーリング機能もCI/CD環境におけるSeleniumでのテスト運用を強力にサポートします。

  • ソフトウェア品質保証
  • Selenium
  • テスト自動化
  • 機能テスト
  • UIテスト
  • CI/CD
  • ソフトウェア品質向上

AIがSelenium運用時の課題を解決

Seleniumは、ソフトウェアテストの市場でもっとも利用者の多いオープンソースフレームワークです。しかし、 Seleniumを運用する上での主な課題として、アプリケーションの変更に追随してSeleniumのテストスクリプトを修正するのが大変で資産化できないまま運用を挫折してしまうことや、Seleniumテストスクリプトが原因となる不安定なテストでCI/CDビルドが失敗し、テスト失敗における調査やデバッグ作業に時間を取られてしまっているなどが挙げられます。

Parasoft社がテスト自動化の分野で蓄積した知見にAI技術を取り入れたSelenicは、これらのSelenium運用時の課題解決を強力にサポートします。

Seleniumの機能の拡張

CI/CDでUIテストを続行するセルフヒーリング機能

セルフヒーリング機能は、不安定なテストが原因で起こるCI/CDビルドの失敗を回避することでテスト失敗における調査やデバッグ作業を軽減し、テスト実行における時間を削減します。

Selenicのセルフヒーリング機能を有効にすると、テスト実行時に動的にレコメンド機能を発動します。そして、察知したUIの変更に対して最も適した修正案を使用してテストスクリプトの挙動を自動修復し、テストを続行します。テスト完了時のレポートでは、どの修正案を適用したのかを確認できるため、その判断の妥当性を確認して選択した修正案をIDE(Eclipse, IntelliJ)で1クリックし、Seleniumテストスクリプトに適用できます。

テストスクリプトの修正案を提供するレコメンド機能

レコメンド機能は、Seleniumテストスクリプトのメンテナンスを効率化し、運用可能な資産に変える取り組みを強力にサポートします。

Selenicのレコメンド機能は、テスト対象のUIを構成するDOMを解析し、変更点を分析します。そして、AIが過去のテスト履歴データなどを活用し、Seleniumテストスクリプトの修正候補をテスト完了時に提供します。テスト履歴を活用するため、Selenicを用いた運用に伴い、より精度の高い修正候補の提供が期待できます。Selenicは、Eclipse、IntelliJにプラグインして使用可能であり、このIDEで1クリックするだけで選択した修正案をSeleniumテストスクリプトに適用できます。

アプリケーションに実装した変更箇所が影響を与えるテストを洗い出す影響分析機能

影響分析機能は、アプリケーションに実装した変更箇所が影響を与えるテストを洗い出します。特定のテストを優先して実行することでCI/CDビルドパイプラインにおけるテスト時間の削減と素早いテスト結果の検証を強力にサポートします。

Selenicの影響分析機能は、テストに伴うJavaソースコードのカバレッジを収集します。そして、CI/CDのビルドで新しく生成した.warファイルに対して過去のテスト時に収集したカバレッジ情報を活用した分析を行い、新しいビルドに対して実行すべきテストを提示します。優先的に実行すべきテストを絞り込むことでテスト時間を削減し、CI/CDビルドパイプラインにおけるテスト結果の素早い検証を可能にします。

スクリプトのメンテナンスを容易にするPage Object Modelを用いたテスト自動生成機能

テスト自動生成機能は、メンテナンスが容易なPage Object Modelを用いてSeleniumテストスクリプトを生成し、効率的な運用をサポートします。

Selenicのテスト自動生成機能は、Chrome拡張プラグインを用いて、Chrome上でのUI操作を記録します。そして、メンテナンスが容易なPage Object Modelを用いてSeleniumテストスクリプトを自動生成し、効率的な運用をサポートします。

機能テストのカバレッジを向上

UI操作に関連するAPIテストの自動生成機能

APIテスト自動生成機能は、SelenicでのSeleniumテストで行うUI操作に関連するREST APIのシナリオテストを自動生成し、APIレイヤーの機能テストも効率的に実施することを可能にします。

SelenicのAPIテスト自動生成機能は、Chrome拡張プラグインを用いて、Chrome上でのUI操作に伴うトラフィックを記録します。そして、記録したトラフィックからREST APIを抽出し、APIのシナリオテストを自動生成します(別途、SOAtest/VirtualizeのAI機能が必要です)。APIレイヤーの細かいテストをUI操作を行うだけで自動生成できるため、APIテストのハードルを大幅に下げ、各種機能テストのカバレッジを上げる取り組みを強力にサポートします。
 

Parasoft SelenicのROI (費用対効果)

Seleniumの問題から逃れるためにSeleniumの利用を止める必要はありません

メンテナンス時間を削減

メンテナンス時間を削減

Selenicのレコメンド機能が、テストの壊れている箇所と修正候補を提示します。Seleniumテストスクリプトのメンテナンスを効率化し、運用可能な資産に変える取り組みを強力にサポートします。

ビルドの失敗を削減

ビルドの失敗を削減

Selenicのセルフヒーリング機能が、不安定なテストが原因で起こるCI/CDビルドの失敗を回避することでテスト失敗における調査やデバッグ作業を軽減し、テスト実行における時間を削減します。

テスト時間を削減

テスト時間を削減

Selenicの影響分析機能が、アプリケーションに実装した変更箇所が影響を与えるテストを洗い出します。特定のテストを優先して実行することでCI/CDビルドパイプラインにおけるテスト時間の削減と素早いテスト結果の検証を強力にサポートします。

DevOpsツールチェーンとの統合

Cucumber Eclipse IntelliJ Jenkins
Applitools Eclipse IntelliJ Jenkins
Selenium JUnit TestNG Cucumber
Selenium JUnit TestNG Cucumber

AIでSeleniumを強化するツール Selenicに
関するお問い合わせ

  • テクマトリックス株式会社
    東京本社

    ソフトウェアエンジニアリング事業部

    03-4405-7853

メールでのお問い合わせ
parasoft-info@techmatrix.co.jp

CONTACT

製品についてやテクマトリックスについてなど、
こちらよりお気軽にお問い合わせいただけます。