EVENT / SEMINAR イベント・セミナー

2020年8月5日開催 アーキテクチャ分析ルール「Lattix」11.7新機能紹介セミナー(オンライン)

開催日

2020.08.05

カテゴリ

  • ソフトウェア品質保証

関連サービス/製品

インターネット回線を利用したオンラインセミナーです。
自席で、ブラウザーを利用して、セミナーに参加できます。また、セミナーの途中で発表者に質問することも可能です。

2020年7月20日にリリースいたしました、「アーキテクチャ分析ツール Lattix」日本語版の最新バージョン(Lattix 11.7)で追加・改善された機能を担当技術者がデモンストレーションを交えて、詳細にご紹介します。

「アーキテクチャ分析ツール Lattix」は、要素間の依存関係やコード修正の影響範囲、循環参照モジュール、階層構造の崩れといったアプリケーションの構造確認や問題点の把握をサポートします。
どうぞふるってご参加ください。

【アジェンダ】

  • テクマトリックス株式会社と開発元のご紹介
  • Lattixの概要紹介
  • Lattix11.7で追加された機能のご紹介
  • Lattixのデモンストレーション
  • Q&A

※内容は変更する場合がございます。あらかじめご了承ください。

開催日程

2020年8月5日(水) 10:30~12:00

関連製品

参加費

無料

定員 20名(先着順)

※ご同業の方、個人の方の参加はご遠慮いただいております。
想定受講者
  • Lattixをご検討、またはご利用中の方
  • ソフトウェア設計者または保守担当の方
  • リファクタリングなどソフトウェアメンテナンスをご検討の方
  • テスト時の影響範囲を効率的に把握したい方
  • 影響分析を効率化したい方
申し込み方法 「参加申し込み」ボタンより、ご登録ください。
※お申し込みページは、日本語でご入力いただけます。
※ご入力後、Webinarへのご招待メールをお送りします。
※本Webinarは、CITRIX社のGoToWebinarを使用しております。
※Webinarにご参加いただくには、事前のご登録のほかにGoToWebinarのインストールも必要です。
参加方法 開催時刻になりましたら、受付完了メールにてお知らせしたURLにブラウザーで開いてください。
利用システム CITRIX社のGoToWebinar

Larrixについて

Lattixは、DSM(Dependency Structure Matrix)手法を使ってソフトウェアの構造と依存関係を可視化する、アーキテクチャ分析ツールです。 Java、.NET、C/C++アプリケーションのアーキテクチャや、Oracle、SQL Server のデータベースのアーキテクチャ、 UML、SysMLのモデルを分析し、構成要素(サブシステムやモジュール、ファイル、関数など)の依存関係を表形式(マトリクス)で表示します。また、パーティショニングや、影響範囲分析メトリクス分析といった、設計・構造からアプリケーションの品質向上を支援するさまざまな機能を備えています。アーキテクチャの設計や、コーディング、アーキテクチャの最適化、コードの修正、モデリング、リファクタリングにLattixを活用することにより、ソフトウェアの品質や安定性、保守性、性能の向上が期待できます。

>>>詳しくはこちら

お問い合わせ

  • テクマトリックス株式会社
    東京本社

    ソフトウェアエンジニアリング事業部

    03-4405-7853

メールでのお問い合わせ
lattix-info@techmatrix.co.jp

CONTACT

製品についてやテクマトリックスについてなど、
こちらよりお気軽にお問い合わせいただけます。