CASE STUDY 導入事例

Cohesity 導入事例

三井住友建設株式会社が、仮想化基盤のバックアップ・リストアを省力化・高速化・集約化するために最新のデータ管理ソリューション「Cohesity DataProtect」を採用

お客様

三井住友建設株式会社様

カテゴリ

  • ネットワーク

関連サービス/製品

三井住友建設株式会社が、仮想化基盤のバックアップ・リストアを省力化・高速化・集約化するために最新のデータ管理ソリューション「Cohesity DataProtect」を採用

三井住友建設株式会社-導入事例 主に土木、建築といった建設事業を手掛ける三井住友建設では、社内で使われる多数のシステムが稼働する仮想化基盤のバックアップとしてテープライブラリシステムを用いていたが、バックアップ・データリカバリーの時間や、運用管理の負荷、DR(災害復旧)対策に課題を抱えていた。

システムの更新時期が迎えたのを期に、バックアップシステムの見直しを行い、ハイパーコンバージド型バックアップソリューション「Cohesity DataProtect」を選定した。


「Cohesity」の導入によりテープ交換業務は不要となり、さらにはクラウドへの自動バックアップも実現。また高速検索機能やデータ削減機能を高く評価。最大の課題であったバックアップ運用コストの削減とクラウドを活用したDR対策を実現した。

明治時代からの歴史と高い建設技術を持つ建設会社

1887年(明治20年)創業の旧三井建設株式会社と1876年(明治9年創業)の旧住友建設株式会社が2003年(平成15年)に合併して創立した三井住友建設株式会社。霞が関ビルに代表される超高層建築やプレストレストコンクリート橋梁などの長年培ってきた建設技術を土台に、数多くの建築・土木建設を手掛け、人々が豊かに生活していく空間を提供している。

150システムに及ぶ仮想化基盤のバックアップ運用が課題に

同社では社内で利用されるさまざまなシステムを仮想化基盤に集約。その数は150にも及ぶという。従来、これらのシステム・データのバックアップはテープライブラリシステムを使っていた。同社経営企画本部 情報セキュリティ管理室 課長の平賀健氏は「テープライブラリには40本テープが入り、150システムのフルバックアップを1週間かけて順次行っていました。ライブラリ内、データセンター内、DR対策として遠隔地の計3セットをローテーションしていました」と語る。

「運用に関しては外部に業務を委託しており、このテープの入れ替え作業も週1度行ってもらっていました。しかし、テープ媒体の入れ替えや定期的な購入管理やテープドライブのクリーニングなどの作業にかなり工数がかかっていたので、どうにか削減できないものかと考えていました」(平賀氏)

バックアップデータの運用に関しては別の課題もあったという。「年に何度かあるのですが、社員から誤ってデータを消去してしまったのでデータをリストアしてほしいというリクエストがあります。リストアするべきデータがどのテープに入っているかを見つけ出すのには時間と工数がかかっていました。これが遠隔地に送ったテープのセットに入っていたら、かなりの時間と工数を要してしまいます」(平賀氏)

バックアップ・リストア業務の効率化とDR強化のために「Cohesity DataProtect」を選択

長年にわたりテープライブラリを利用していた同社だが、バックアップ・リストア業務の効率化、さらにはDR強化のために、リプレースするソリューションを検討してきた。その課題を平賀氏から伺ったテクマトリックスでは、最新のデータ管理ソリューション「Cohesity DataProtect」を提案した。

平賀氏は「トライアルの際に一番懸念していたのはバックアップの速度です。実は以前、別のバックアップシステムのトライアルをしてみたことがあるのですが、既存システムより遅かったという経験がありました。その点でCohesityは既存システムよりも短い時間でバックアップできることがトライアルでわかりました。リストアに関しても格段に速くなり、さらにDR対策としてパブリッククラウドの活用ができるということで導入を決定しました」と語る。

バックアップ運用コストを削減。クラウド活用したDRを実現

2020年4月、「Cohesity DataProtect」を仮想化基盤のバックアップに導入しました。導入の効果として平賀氏は「バックアップ運用コストの削減、クラウドを活用したDRの実現」を挙げる。

導入後は最新週のバックアップをCohesity内に、前週、前前週のバックアップをMicrosoft Azureに保存。これらが自動で行えるようになったため、DRを実現しつつテープ交換と遠隔地保管にかかる運用コストを削減できたという。

リストアに関して平賀氏は「まず、データの検索がすべてCohesityでできるようになり、楽になりました。また、Cohesityの検索機能はGoogleのようにとても高速で、リストアするデータを検索する時間が圧倒的に短くなりました。リストア時間に関してもCohesity内にあるデータであれば1時間以内、Azureにアーカイブしたデータでも2時間以内にできるので、格段に改善されました」と語る。

さらに、「CohesityではvCenterから仮想サーバーのバックアップの運用状況情報を取得して管理画面に表示してくれるのですが、重複排除と圧縮機能によるデータ削減効果は元データ41TBが5.1TBになり、約8倍の削減効果が分かります。またバックアップジョブの実行状況も管理画面ですぐに分かるようになったので、ジョブ結果の可視化やバックアップ漏れの防止ができるようになりました。これもメリットだと感じています」。

Oracle DBや物理サーバーのバックアップもCohesityに統合を予定

今後のCohesityの活用について、三井住友建設はOracle DBのバックアップをいかにシンプル化するかを検討しているといいます。

平賀氏は「現在、Oracle DBのバックアップは、バックアップ時に一度Oracleのシステムを停止してからバックアップを行っています。ただし、効率的な運用を考えれば停止はできるだけ避けたいとこです。これに対してCohesityはOracleを稼働させたままバックアップが可能と聞いていますので、近々試してみたいと思っています」と語る。さらに「実はデータ量が多いシステムは仮想化基盤に移行していないものがあり、これら物理サーバーのバックアップは別の形でやっていますが、Cohesityのメリットが良くわかったので、今後はこれらシステムのバックアップもCohesityに統合することを検討しています」(平賀氏)。

Cohesity 導入事例

セキュリティ対策やBCPの取り組みを強化。テクマトリックスのサポートを期待

今後、同社ではセキュリティ対策やBCPの強化に重点的に取り組んでいくという。平賀氏は「当社の課題に対する適切なソリューションであるCohesityの紹介や、海外製品であるCohesityの導入時の手厚いサポートを通じて、テクマトリックスは信頼できるパートナーだと感じています。今後当社が取り組んでいくセキュリティ対策やBCP強化の分野でもCohesityを使ったランサムウェア対策やクラウド活用の提案をお願いしていきたいと思います」と語った。

三井住友建設株式会社 Cohesity 構成図

三井住友建設株式会社

資本金:12,003,797,895円
設立年月日:1941年10月14日
本社所在地:東京都中央区佃二丁目1番6号
事業概要:【建設事業】土木・建築・プレストレストコンクリート工事の設計・施工及びこれらに関する事業
     【開発事業】不動産の売買、賃貸及び管理に関する事業

お客様担当者

三井住友建設株式会社
経営企画本部
情報セキュリティ管理室
課長

平賀 健 氏

お問い合わせ

  • テクマトリックス株式会社
    東京本社

    ネットワークセキュリティ事業部
    第1営業部
    プラットフォーム営業課

    03-4405-7816

メールでのお問い合わせ
storage-sales@techmatrix.co.jp

CONTACT

製品についてやテクマトリックスについてなど、
こちらよりお気軽にお問い合わせいただけます。