Ranorex 6.1の新機能・改善点

異なる環境でのテストの同時実行を可能にする Ranorex Remoteを搭載

テストプロジェクトを作成・編集・実行するためのRanorex Studioから直接、複数のRanorexエージェントにテストを配布し、複数の環境に対して、リモートテストを同時に実行することができるようになりました。また、Ranorex Remoteでテストを実行している最中も、Ranorex Studioでテストプロジェクトの作成・編集が可能なので、待ち時間なく次のテストの準備ができるようになり、作業の効率化が図れます。

※Ranorexエージェントを利用するには、同時実行数の分のRanorex Runtimeライセンスが必要です。

異なる環境でのテストの同時実行を可能にする Ranorex Remoteを搭載

テスト実行速度を改善。以前のバージョンと比較し約2倍の高速化

以前のバージョンでは、デバッガが自動的に有効になるため、テスト実行時間に大きな影響を与えていました。本バージョンでは、デバッガがデフォルトで無効になったため、テスト実行がこれまでのバージョンの半分の時間で完了するようになりました。デバッガは必要な時にいつでも有効に切り替えられます。

テスト実行速度を改善。以前のバージョンと比較し約2倍の高速化

テスト実行中のレポートプレビュー

巨大なテストプロジェクトでは、テスト実行後のレポートを確認できるようになるまで時間がかかります。本バージョンでは、テストの実行中に随時レポートが更新されるようになり、より素早くテストの結果が確認できるようになりました。

テスト実行中のレポートプレビュー

各種設定をソリューション設定として保存、チームコラボレーションを強化

これまではローカルマシンに保存されていた各種設定を、ソリューション設定として保存できるようになりました。これにより、チーム内でテスト設定を共有しやすくなりました。

各種設定をソリューション設定として保存、チームコラボレーションを強化

Gitでのテスト資産の管理をサポート

SubversionとTeam Foundation Serverに加え、新たに分散型バージョン管理システムGitをサポートしました。

Gitでのテスト資産の管理をサポート

最新の Android / iOSをサポート

Android / iOS の最新バージョンである、Android 7 (Nougat)と iOS 10 をサポートしました。

UIテスト自動化ツール Ranorexに
関するお問い合わせ

  • テクマトリックス株式会社
    東京本社

    ソフトウェアエンジニアリング事業部

    03-4405-7853

メールでのお問い合わせ
ranorex-info@techmatrix.co.jp

CONTACT

製品についてやテクマトリックスについてなど、
こちらよりお気軽にお問い合わせいただけます。