機能紹介

Ranorexは、多くのサードパーティ製コントロールをサポートする、高性能なUIキャプチャ機能を搭載したUIテスト自動化ツールです。デスクトップアプリWebアプリモバイルアプリに対応しており、ユーザーの操作をキャプチャし、再生することにより、テストの自動化をサポートします。操作性が高く、強力なUIオブジェクト認識能力を備えているため、プログラミング経験者でなくとも、データ駆動型テストなどの複雑なテストを組み立てることができます。Ranorexは、UIテストの効率性、網羅性、再利用性の向上をサポートし、コスト削減と品質向上に大きく貢献します。

高性能なUIキャプチャ機能とGUIオブジェクト認識機能

デスクトップアプリWebアプリモバイルアプリのUI上でのUI操作を記録するだけでシンプルにテストを作成できます。
Ranorexには業界で最も優れたオブジェクト認識機能が搭載されています。数多くのソフトウェア技術、フレームワーク、サードパーティー製コントロールをサポートしており、UI上のボタンやアイコン、メニューバーといったコントロールから、動的に生成されるユーザーインターフェース要素など、アプリケーションの種類を問わずさまざまなタイプのオブジェクトを認識します。
アプリケーションのUIにおける信頼性の高いオブジェクト認識は、安定したテスト自動化には欠かせません。これらRanorexの優れたキャプチャ機能とGUIオブジェクト認証機能により、テストの作成にプログラミングが不要となるため、テスト作成における工数の大幅削減も実現可能です。

高性能なUIキャプチャ機能とGUIオブジェクト認識機能

1ライセンスでWindowsデスクトップ、Webアプリ、モバイルデバイスのUIテストを網羅

Ranorexは1ライセンスでデスクトップアプリWebアプリモバイルアプリのテストを行えます。 複数のプラットフォームに対応したソフトウェアや、複数のアプリケーションにまたがるテストも1ライセンスでまかなえます。Webアプリに必須のクロスブラウザテストも、1つのテスト環境で効率的に実施でき、テストの作成工数を大幅に削減できます。 Ranorex Agentという付属のツールを使うことで、複数のマシン環境でのテスト実行もリモート操作で簡単に行えます。

1ライセンスでWindowsデスクトップ、Webアプリ、モバイルデバイスのUIテストを網羅

再利用性の高いモジュール

Ranorexでは、一連の操作のテストシナリオを「モジュール」という単位で管理しています。 複数のテストケースで一度記録した操作のモジュールを再利用したり、テストシナリオの順序を変更するといった編集をドラッグ&ドロップで直感的に行うことができ、テストの作成効率が向上します。モジュールに変更が発生した場合も、そのモジュールを参照しているすべてのテストケースに自動で反映するため、メンテナンス工数の削減が期待できます。

再利用性の高いモジュール

豊富なバリデーション

コーディングなしで使用できるバリデーション機能を豊富に取り揃えています。フィールド値、イメージ、ツールチップ、その他オブジェクト属性に対応しており、オブジェクトの属性や画像比較での検証が行えます。期待値は直接指定する以外に、外部データソース値、正規表現を使って指定することも可能です。

豊富なバリデーション

テストレポートの自動生成

テストの実行後に自動で生成されるレポートは、Ranorex独自の形式に加えPDF、HTMLに変換して保存できます。 エラー発生時などに画面ショットを保存するのに加えて、生成されたレポートからテストシナリオに直接ジャンプしたり、録画したテスト実行過程の動画を取得し、直接再生することも可能です。 テストの証跡としてだけでなく、テストシナリオの問題の原因特定・修正にも役立ちます。

ソフトウェアの変更やアップデートに強いRanoreXPathを搭載

キャプチャされたユーザー操作は、操作とオブジェクト情報に分離して保存されます。ユーザ操作を追加・編集、拡張したいときには、アクションテーブルエディタを使い、ソフトウェアの変更によるGUIオブジェクトの変更時は、オブジェクトリポジトリマップを用います。また、RanoreXPathを用いてオブジェクトを特定するので、キャプチャした後にレイアウトが変更された場合でもキャプチャをやり直す必要がありません。Ranorexを用いることにより、既存テストの再利用性が向上し、効率よくテストを拡張できます。

ソフトウェアの変更やアップデートに強いRanoreXPathを搭載

多くのソフトウェア技術やフレームワーク、サードパーティ製コントロールをサポート

Ranorexは、多くのソフトウェア技術やフレームワーク、サードパーティ製コントロールをサポートしています。また、新しい技術に追随するため、頻繁にアップデートモジュールを提供しています。

【対応しているコントロールの例】

  • .Net、WPF、MFC、Win32、VB6 などのWindows Form
  • Java
  • ComponentOne 、Dev Expressコンポーネントなどのサードパーティー製コントロール
  • その他
  • HTML5
  • JavaScript
  • Ajax
  • ASP.NET
  • その他
  • Android
  • iOS

GUIベースでの編集、あるいは、C#・VB.NETでのプログラミングによる編集が可能

開発規模、担当者のスキルや開発手法を問わず、それぞれのUIテストのニーズに合わせた使い方ができます。 テスト作成・編集はGUI上の操作のみでも簡単に行えますが、C#またはVB.Netを使ったコーディングでより高度で複雑な内容のテストを実現することも可能です。プログラミングの専門知識がない担当者からベテランの開発者まで、幅広い方々に活用いただけます。

データソースを利用したデータ駆動型テストに対応

作成済みのテストに対して、データソース(Excel、CSV、各種データベース)のデータをインポートしテストを実行できます。既存のテストにデータソースを設定し、データ駆動型テストに拡張することが可能です。

データソースを利用したデータ駆動型テストに対応

テストを実行ファイル形式で保存が可能。バッチ実行やCIプロセスへの組み込みが容易

Ranorexのテストは、実行ファイル(exe)形式で保存できます。コマンドラインからのバッチ実行が可能なので、CIプロセスあるいはビルドシステムに組み込み、テストを自動実行させることが可能です。

UIテスト自動化ツール Ranorexに
関するお問い合わせ

  • テクマトリックス株式会社
    東京本社

    ソフトウェアエンジニアリング事業部

    03-4405-7853

メールでのお問い合わせ
ranorex-info@techmatrix.co.jp

CONTACT

製品についてやテクマトリックスについてなど、
こちらよりお気軽にお問い合わせいただけます。