デスクトップアプリのテスト

Ranorexは、 WindowsアプリのUI上でのユーザー操作をキャプチャし、テストを作成・実行できます。Ranorexには、Windowsアプリに関連する多くのソフトウェア技術やフレームワーク、サードパーティ製コントロールに対応した高性能なオブジェクト認識機能が搭載されており、優れたユーザー操作キャプチャ能力を備えています。 RanorexのWindowsアプリのテストを自動化するさまざま機能は、Windowsアプリのテストの確実性と効率性の向上に大きく貢献します。

多くのソフトウェア技術やフレームワーク、サードパーティ製コントロールをサポート

Windowsアプリに関連する多くのソフトウェア技術やフレームワーク、サードパーティ製コントロールをサポートしています。また、新しい技術に追随するため、頻繁にアップデートモジュールを提供しています。Ranorexがサポートしているコントロールの例としては、.NET、WPF、MFC、Win32、VB6、Javaや、Dev Expressコンポーネントなどのサードパーティ製コントロールなどがあります。
以下は、Ranorexがサポートしているソフトウェア技術とフレームワーク、サードパーティ製コントロールの例です。

OS


デスクトップアプリ

OS

01_Windows 8
02_Windows 7
Windows 8
Windows 7
Windows 10 Preview (Build 10158)
Windows 10
01_Windows 2012 Server
Windows 2008 Server (R2)
Windows 2012 Server
Windows 2008 Server (R2)

コントロール

.Net WPF(XAML) Win32 MFC Windows Forms Qt
.Net WPF(XAML) Win32 MFC Windows Forms Qt
Java Delphi VB6 ActiveX Microsoft Visual FoxPro Power Builder
Java Delphi VB6 ActiveX Microsoft Visual FoxPro Power Builder
Microsoft Office GUI Microsoft Access Microsoft Dynamics AX Microsoft Dynamics CRM Microsoft Dynamics NAV SAP
Microsoft Office GUI Microsoft Access Microsoft Dynamics AX Microsoft Dynamics CRM Microsoft Dynamics NAV SAP
Air Infragistics Dev Express Component One Janus
Air Infragistics Dev Express Component One Janus Syncfusion
Telerik SkinSoft 32 and 64 bit Oracle Forms CEF など
Telerik SkinSoft 32 and 64 bit Oracle Forms CEF など

Windows 8と8.1 のUI テストの自動化

Windows 8と8.1では、Windows 8 形式の UI コントロールやWindowsタッチアプリを含むWindows のUIテストに利用できます。 

Windows 8と8.1 のUI テストの自動化

強力で優秀なユーザーインターフェイスオブジェクトの認識機能

強力で優秀なユーザーインターフェイスオブジェクトの認識機能でWindowsアプリのテスト作成をサポートします。あらゆる種類のモダンアプリケーションに対応しているRanorex Xpath技術によって実現した高性能なオブジェクト認識機能は、テストのメンテナンスにかかる工数の大幅削減に寄与します。

テストスクリプトをC#あるいはVB.NETで拡張可能

Ranorexのテストスクリプトは、C#あるいはVB.NETのコードで記述します。そのため、 Windowsアプリケーション開発者であれば、テストケースの拡張、あるいはカスタムアクションやバリデーションポイントの記録を容易に行えます。

CIプロセスなどの開発環境への組込みが容易

Ranorexのテストは、実行ファイル(exe)形式で保存できます。コマンドラインからのバッチ実行が可能なので、CIプロセスあるいはビルドシステムに組み込み、テストを自動実行させることが可能です。

大規模開発から小規模開発まで、さまざまなテストで利用可能

Ranorexは、大規模開発から小規模開発まで開発規模にとらわれることなく、さまざまな種類のテストで利用できます。
  • キーワード駆動テスト
    >すべてを作り直す必要はありません。フレームワークをセットアップし、作成済みのアクションあるいはキーワードのセットとテストを設定することで、キーワード駆動テストを作成できます。チームでこれらのテストやアクションを共有することにより、新しい自動テストケースの生成を加速できます。
  • データ駆動テスト
    テストケース対して、Excel、CSV、データベースなどに格納されている複数のテストデータを挿入し、テストを実行できます。
  • 回帰テスト
    開発作業中にソフトウェアのバグを迅速に検出し修正することにより、修正コストは削減できます。CIプロセスあるいはビルドシステムに組み込むなどしてテストケースを定期的に実行することにより、新たなバグの検出の確実性を高められます。

UIテスト自動化ツール Ranorexに
関するお問い合わせ

  • テクマトリックス株式会社
    東京本社

    システムエンジニアリング事業部
    ソフトウェアエンジニアリング営業部

    03-4405-7853

メールでのお問い合わせ
ranorex-info@techmatrix.co.jp

CONTACT

製品についてやテクマトリックスについてなど、
こちらよりお気軽にお問い合わせいただけます。