McAfee MOVE AntiVirus

仮想環境向けウイルス対策ソリューション

仮想環境用に専用設計されたMcAfee MOVE AntiVirusは、これまでのアンチウイルスソフトで課題としてあった仮想リソースへの負荷を大幅に軽減します。

エンタープライズ企業を中心にシステムの仮想化が進んでいますが、仮想環境に構築している各端末へもセキュリティ対策を行う必要があります。ただ、これまでのアンチウイルスソフトでは、各仮想マシン内でウイルス対策ソフトウェアを実行できるとしても、蓄積したリソースの占有がインフラストラクチャに及ぼす影響が膨大になってしまいます。これはサポートできる仮想デスクトップの数に直接影響を及ぼし、結果として予想運用回収率を下げてしまいます。

McAfee MOVE Anti-Virusは、仮想デスクトップ環境でのオンデマンド、オンアクセス、そして更新機能をサポートするためのアドオンコンポーネントです。従来のウイルス対策機能の導入に見られたようなインフラストラクチャへの影響を大幅に軽減します。

McAfee MOVE AntiVirusに
関するお問い合わせ

  • テクマトリックス株式会社
    東京本社

    ネットワークセキュリティ事業部
    セキュリティ営業部
    セキュリティプロダクツ営業1課

    03-4405-7814

  • テクマトリックス株式会社
    西日本支店

    ネットワークセキュリティ営業課

    06-6484-7486

メールでのお問い合わせ
mfe-info@techmatrix.co.jp

CONTACT

製品についてやテクマトリックスについてなど、
こちらよりお気軽にお問い合わせいただけます。