EVENT / SEMINAR イベント・セミナー

IoTシステムのテストまるわかり!AWS LambdaのAPIテスト自動化とデバイス仮想化!(connpass)

開催日

2021.09.30

カテゴリ

  • ソフトウェア品質保証

関連サービス/製品

—本セミナーは終了しました—

IoTシステムのテストまるわかり!AWS LambdaのAPIテスト自動化とデバイス仮想化!

近年では、AWSのようなクラウドサービスを利用したIoTシステムを構築することが主流になっています。
具体例として、AWSで用意されたサービスを可能な限り活用し、独自の機能のみをAWS LambdaにAPIとして実装する開発が一般的です。
一方で、IoTシステムではあらゆるドメイン間(UIアプリケーション、AWS Lambda、デバイスなど)で適切にデータ連携する必要があり、API連携でつながるシステムであるが故に、テスト時にはさまざまな課題が生じ得ます。
そこで、今回は「AWSサービスを利用したIoTシステム」に着目し、APIに関するテストを行う際の課題と、APIテスト自動化/サービス仮想化ツール「SOAtest/Virtualize」を用いたソリューションについてご紹介します。

次のような方におすすめです。
  • AWS LambdaのAPIテストを自動化したい
  • 結合テストでデバイスを用意できない時でも疑似環境(スタブ)を素早く作成してテストしたい
  • UIテスト時にいつでもAPIを利用したテストを実施したい
AWSサービスを利用したIoTシステムで、最適なテスト手法を模索している方や現在のテスト手法に課題を感じているAPI開発者の方、またはAPIを利用するシステムの開発に携わっている方はぜひご参加ください。

※本セミナーは、Zoomを利用したWEBセミナーです。
開催概要

IoTシステムのテストまるわかり!AWS LambdaのAPIテスト自動化とデバイス仮想化!(connpass)

開催日程

2021年9月30日(木)16:00~17:00

開催場所

オンライン

関連製品

参加費

無料

定員 50名(先着順)
※ご同業の方、個人の方の参加はご遠慮いただいております。
申し込み方法 connpassにログインしてお申し込みください。
connpassのアカウントをお持ちでない場合は、ご登録からお願いします。
参加方法 開催時刻になりましたら、お申込み後に表示される「参加者への情報」に記載されているURLにアクセスし、「参加者への情報」に記載されているパスワードを入力後、必要事項を入力しご参加ください。
利用システム Zoom
アジェンダ
  1. AWSサービスを利用するIoTシステムの例とテスト時の課題
  2. APIテスト自動化/仮想化ツール「SOAtest/Virtualize」を用いたソリューションの紹介
  3. 質疑応答

SOAtest/Virtualizeについて

APIの開発者/利用者に向けてテストの自動化とテスト環境の仮想化の2つの側面から開発を効率化します。SOAtest/Virtualizeは、APIのテストドライバーを提供 し、開発中のAPIのテストを自動化する機能と、APIを利用するアプリケーションが必要とするAPIをスタブとして仮想化する機能を同梱して提供します。

>>>SOAtest/Virtualizeの詳細はこちら

お問い合わせ

  • テクマトリックス株式会社
    東京本社

    ソフトウェアエンジニアリング事業部

    03-4405-7853

メールでのお問い合わせ
parasoft-info@techmatrix.co.jp

CONTACT

製品についてやテクマトリックスについてなど、
こちらよりお気軽にお問い合わせいただけます。