CASE STUDY 導入事例

ファンド決算書作成、投資情報管理のシステム対応により業務効率向上

お客様

GMO VenturePartners 株式会社様

カテゴリ

  • 金融

関連サービス/製品

GMOインターネットグループのCVC(コーポレートベンチャーキャピタル)

GMO VenturePartners株式会社(以下、GMOVP)は、2005年に設立されたベンチャーキャピタルであり、ファンドを通じて国内外のIT系スタートアップへの投資、事業拡大支援を行っている。
投資活動としては、GMOインターネットグループ各社の総力を結集し、ネット分野に特化した優良案件の発掘・創出と投資後の収益直結型の支援を特徴として挙げている。

各種業務のシステム化及び効率化を実現

運用するファンドや投資先企業数の増加に伴い、以下の業務課題を改善する為にシステム導入を検討。投資情報の管理からファンド決算書の作成までをパッケージベースで実現可能な点、課題に対する導入効果が見込まれる点、VCへの導入実績が豊富な点等を考慮し、IIMSの導入を決断。

【主な業務課題】
・所定のフォーマットで情報管理をおこなえていない
・ファンド決算書をMicrosoft Excelで手作成にて対応している
   - 手作成:担当者及び管理者の負荷が高い
課題の内、最も重視していたのはLPへの報告をおこなう為のファンド決算書作成業務をシステム化し、業務効率化を図る事である。

その他にも下記の通り、投資情報や関連書類の一元化による業務効率改善や投資先、組合、組合員等の各種情報をシステム管理する事で投資情報管理の高度化を実現。

【業務効率改善】
・ファンド決算書作成業務のシステム化
・投資実績情報の一元化
・投資先関連書類の一元化
 
【投資情報管理の高度化】
・投資先情報のシステム管理
・組合情報のシステム管理
・組合員情報のシステム管理

GMO VenturePartners 株式会社

本社所在地:東京都渋谷区桜丘町26-1 セルリアンタワー
設立:2005年9月

お問い合わせ

  • テクマトリックス株式会社
    東京本社

    ビジネスソリューション事業部
    ビジネスソリューション営業部
    金融システム営業課

    03-4405-7846

  • HOME
  • 導入事例
  • ファンド決算書作成、投資情報管理のシステム対応により業務効率向上

CONTACT

製品についてやテクマトリックスについてなど、
こちらよりお気軽にお問い合わせいただけます。