社長メッセージ

真のサービスクリエーター・サービスプロバイダーとして社会システムの新しいデザインに貢献します


代表取締役
由利 孝
 新型コロナウイルスの感染拡大により、テレワークやオンライン診療、オンライン授業(GIGAスクール)等のデジタル化が急速に進展し、私たちはITの重要性に改めて気づきました。いまやITは社会インフラと言って良いでしょう。ITがあれば、デジタル社会の安心・安全を支えるサイバーセキュリティ対策は必須です。つまり、IT活用とサイバーセキュリティ対策は表裏一体の関係です。今後もITがこれからの時代の社会やビジネスを変えると言っても過言ではありません。そのような中で、デジタルを活用したビジネスモデルの変革であるDX(デジタルトランスフォーメーション)は急速に進展するでしょう。私が考えるDXの定義は、「究極のシステム開発の内製化」です。ビジネス環境の急激な変化に迅速に対応して企業を成長させるためには、システム開発を内製化することが必要です。なぜなら、要件定義からシステム開発に着手するウォーターフォール型の開発を外注していたら、競合企業に遅れをとることになるからです。デジタル技術を活用する各エンドユーザ企業は、利用できるものは利用して、繋げるものは繋ぐ。競争優位のためのビジネスロジックは自分で作る。UI(ユーザーインターフェイス)は自分でデザインする。そういう時代が到来するのです。サプライサイドにいるシステムインテグレーターの開発力に依存しない産業構造を目指すことが、日本の真のDXを実現すると考えます。

 テクマトリックス・グループは、サイバーセキュリティ対策を中心としたデジタル化を支える情報基盤技術と統合型監視サービスなどの各種付加価値サービスを提供する「情報基盤事業」と、最善の手法である『Best Practice』を汎用サービスとして、誰にも使いやすいUX(ユーザ体験)を通してクラウド型(SaaS)で提供する「アプリケーション・サービス事業」の二つを事業の柱としています。テクマトリックス・グループは、従来のシステムインテグレーターの労働集約的なビジネスモデルを自ら破壊し、ITサービス産業におけるサプライサイド企業の存在意義を再定義します。デジタル化への急激なシフトと産業構造の劇的な変化を新たな成長機会と捉え、今後の社会にとって必要不可欠な領域に向けた事業を加速し、社会課題を解決するためのサービス提供を通してDXの推進やその先にある持続可能な社会の創造に貢献することを目指します。

 世の中の変化の流れを読み解きながら自己変革を続け、新しい技術や新しいビジネスに挑戦し、より良い未来の創造に貢献するITのプロフェッショナル集団であり続けたいと思います。
2021年12月
関連リンク
  • 「中長期経営戦略」
  • お問い合わせ

    製品についてやテクマトリックスについてなど、
    こちらよりお気軽にお問い合わせいただけます。

    ')