製品概要

ソリューション概要

McAfee VirusScan Enterprise for Storage は、スキャンサーバを別途用意することによりオンアクセススキャン機能を提供します。ストレージプラットフォームごとに異なるセキュリティ対策を配備する必要がなく、構築や運用のコスト削減が可能となります。

リアルタイムのウイルススキャン

オンアクセススキャンにより、リアルタイムにウイルスから保護します。

① 端末からNASにファイルの書き込み/読み込み/更新を実施します。

② NASは端末からの操作に対してファイルを複製してスキャンサーバ宛てリクエストを実施してファイルデータを提供します。

③ NASからリクエストされたファイルデータは、ウイルスや不正なプログラムに感染しているかをウイルススキャンにより確認し結果をNASに応答します。

ウイルスや不正なプログラムに感染していない正常なファイルはNAS上保存されます。
また、ウイルスや不正なプログラムを検知した場合は、アクションにと基づいて処理を実施します。

※アクション:駆除、削除、スキャンを続行から選択

リアルタイムのウイルススキャン 図

リアルタイムのウイルススキャン 図

ウイルススキャン機能

McAfee VirusScan Enterprise for Storage 製品のウイルス対策は、McAfee VirusScan Enterprise のセキュリティ対策ソフトウェア製品の機能を実装してします。主な機能は以下の通りです。

  • ウイルス対策機能
    高度なヒューリスティック及び汎用検出機能により未知のウイルス検知が可能となります。また圧縮ファイルにより隠蔽されている場合もウイルスと脅威コードを検出してブロックします。
  • スキャニング機能
    NASに書き込まれるファイルを対象にオンアクセススキャンを実施することでリアルタイムにセキュリティの保護を実現します。
  • 定義ファイル自動更新機能
    自動アップデート機能によって差分DAT更新やエンジンアップデート、サービスパックやPatch情報などが自動的に更新される為、常に最新の状態を維持することが可能となります。
  • リアルタイムマルウェア防御
    クラウドベースであるGlobal Threat Intelligenoe (GTI)と連携を実施することで、未知のマルウェアも含めてリアルタイムにセキュリティの検知が可能となります。

Global Threat Intelligenoe (GTI)の連携

Global Threat Intelligenoe (GTI)は、マルウェアの脅威をリアルタイムに検出することが可能となるMcAfee社がクラウドベースで提供する強固なセキュリティ技術基盤です。

McAfee VirusScan Enterprise for Storageと連携することで、ゼロデイ攻撃などといった対応するシグネチャが無い未知の脅威に関するリスクを低減出来ます。また、悪意のあるコードに攻撃された場合、アクティブかつリアルタイムな保護を提供します。

Global Threat Intelligenoe (GTI)の連携の図

Global Threat Intelligenoe (GTI)の連携の図

ePolicy Orchestrator(ePO)の連携

McAfee ePolicy Orchestrator (ePO) は、システム、ネットワーク、データ、コンプライアンス管理製品のセキュリティを一元管理する業界唯一のプラットフォームで、様々な規模の組織に対応しています。

McAfee VirusScan Enterprise for Storageと連携することで、ウイルススキャン状況や検知状況をリアルタイムに把握し、アラート検知・レポートでの確認が可能となります。

Orchestrator(ePO)の連携の図

Orchestrator(ePO)の連携の図

McAfee VirusScan Enterprise for Storageに
関するお問い合わせ

  • テクマトリックス株式会社
    東京本社

    ネットワークセキュリティ事業部
    セキュリティ営業部
    セキュリティプロダクツ営業1課

    03-4405-7814

  • テクマトリックス株式会社
    西日本支店

    ネットワークセキュリティ営業課

    06-6484-7486

メールでのお問い合わせ
mfe-info@techmatrix.co.jp

CONTACT

製品についてやテクマトリックスについてなど、
こちらよりお気軽にお問い合わせいただけます。