NEWS / CAMPAIGN ニュース・キャンペーン

強力なオブジェクト認識能力を誇るUIテスト自動化ツール、「Ranorex日本語版」に最新版のVersion 9.3が登場

~効率的なテスト作成をアシストする「Ranorex Coach」を搭載。Chromium版Microsoft Edgeなどサポート対象を拡張し、オブジェクト認識率をさらに向上。~

日付

2020.06.29

カテゴリ

  • ソフトウェア品質保証

  • コーポレート

テクマトリックス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:由利孝、以下「テクマトリックス」)は、Ranorex GmbH(本社:オーストリア、シュタイアーマルク州グラーツ、ゼネラルマネージャー:Wilson Warmack、以下「Ranorex社」)が開発したUIテスト自動化ツール「Ranorex 9.3」日本語版の販売を2020年6月29日より開始します。テクマトリックスは、「Ranorex」日本語版の総販売代理店として日本国内での販売、マーケティング、日本語化、ユーザーサポート、ソリューションサービスの提供などの活動を展開してまいります。

「Ranorex」は、多くのサードパーティ製コントロールをサポートする、 高性能なUIキャプチャ機能を搭載したUIテスト自動化ツールです。Windowsアプリ、Webアプリ、モバイルアプリに対する強力なUIオブジェクト認識能力と、直感的に操作できる高い操作性を備えているため、プログラミング経験者でなくとも、データ駆動型テストのような複雑なテストを組み立てることができます。
最新バージョンである「Ranorex9.3」では、Ranorex社が持つベストプラクティスを元に、テスト実行時に失敗しやすいパターンにあてはまる箇所を指摘する「Ranorex Coach」機能や、データ駆動型テストのデータソース自動生成機能など、信頼性・堅牢性の高いテストの作成と生産性の高いテスト作成環境を実現するための機能が多数追加されました。加えて、サポート対象にChromiumベースのMicrosoft Edgeが追加され、Webベースのアプリケーションのテスト対象カバレッジが拡張されました。

Ranorex 9.3の新機能・改善点

  • テスト作成のベストプラクティスを提示する「Ranorex Coach」を追加
  • データ駆動型テストにデータソース自動生成機能を追加
  • ChromiumベースのMicrosoft Edgeなど、サポート対象を拡張
  • GDI+キャプチャ機能を追加。オブジェクト認識率がさらに向上
  • テスト実行の一時停止・再生機能を追加
  • CI環境Jenkinsとの連携を強化
  • テスト管理ツールTestRailとの連携を強化

お問い合わせ

  • テクマトリックス株式会社
    東京本社

    ソフトウェアエンジニアリング事業部

    03-4405-7853

メールでのお問い合わせ
ranorex-info@techmatrix.co.jp

CONTACT

製品についてやテクマトリックスについてなど、
こちらよりお気軽にお問い合わせいただけます。