EVENT / SEMINAR イベント・セミナー

【配布資料申込受付中】2016年3月24日(木)開催 ソフトウェア品質向上セミナー マルチプラットフォームアプリの品質を高める包括的なテストとは

—終了しました—
当日資料および体験版を希望の方はこちら

-特別講演決定!-

テスト自動化の成否はテスト前に決まる!
『最大の効果を引き出すための戦略的かつ実践的なテスト自動化の進め方』
講演者:(株)カサレアル ソフトウェア品質技術課 課長 植草克友 様

-----------


スマートフォン、タブレットの急速な普及により、近年のソフトウェアはWebブラウザーやデスクトップだけでなく、Android、iOS等も加えた多様なプラットフォームでの安定稼動が求められています。そのうえ、ソフトウェアやサービスの付加価値を高めるためには、顧客のニーズを満たす新しい機能やサービスを、素早く市場に投入しなければなりません。とはいえ、対応プラットフォームや連携システムを増やすほどテスト工数は膨れあがり、大きな重荷となって現場を悩ませています。

こうした状況に対処するため、これまでに機能テストツールの導入を試みられた方も多いのではないでしょうか?ところがどういう訳か、せっかく購入したツールがほとんど活用されていないという例が少なくありません。

本セミナーでは、株式会社カサレアル ソフトウェア品質技術課 課長の植草克友様を講師にお迎えし、こうした状況に陥りやすい機能テストの罠と、それに対処するための方策について、豊富な経験談を交えてご紹介いただきます。

そして、テクマトリックス講師陣からは、機能テスト効率化のカギとなる新しいツール群をデモンストレーションを交えて紹介いたします。
開催概要

  • 【特別講演】
    テスト自動化の成否はテスト前に決まる!
    『最大の効果を引き出すための戦略的かつ実践的なテスト自動化の進め方』

    【講師】
    (株)カサレアル
    ビジネスソリューション開発部 ソフトウェア品質技術課
    課長
    植草 克友 氏

    【概要】
    数多くのプロジェクトに携わってきた講師が、これまでに遭遇したテスト自動化の失敗例では、事前のテスト計画がなかったり、あいまいだったりと、初めから躓いているケースがほとんどでした。
    本セッションでは、テスト自動化を成功させるためのポイントを経験談を踏まえて、現場目線でお話しします。

    【アジェンダ】
    • テストの自動化がテスト計画にまとめられていない現場では、テストの自動化は上手くいかない?!
      テスト対象に合わせた目標品質
      品質を「ほしょう」する意味→保証/保障/補償
      テスト全体を俯瞰した場合に、どこを、どこまで自動化するか/できるか
      テストの自動化そのものはどう評価できるのか?
      テストツールの評価
    • テストそのものの評価/改善を意識したテストの自動化
      テストツールの落とし穴
      自動化したテストの実行計画
      テスト結果の評価
      テストの評価
      テストの改善
  • 複雑化するマルチプラットフォームへのテストアプローチ
    【講師】
    テクマトリックス(株)
    ソフトウェアエンジニアリング技術部
    小向 順
    飯山 正史

    【概要】
    複数のプラットフォームでも、多システムと連携していても、迅速かつ確実にテストを進めるためには、ユーザーインターフェースアプリケーション(フロントエンド)と、処理を担うバックエンドシステムの機能を分離してテストすることが鍵になります。
    本セッションでは、フロントエンドとバックエンドのテストにおける各種ツールの活用とテストの進め方について、デモンストレーションを交えて詳しくご紹介します。
  • ツールのライセンスと機能テスト自動化ソリューションのご案内
    【講師】
    テクマトリックス(株)
    ソフトウェアエンジニアリング営業部
    福永 一寛
※内容は、変更する場合がございます。あらかじめご了承ください。

開催日程

2016年3月24日(木) 14:00~17:00(開場13:45)

開催場所

テクマトリックス株式会社 セミナールーム

〒108-8588 東京都港区三田3-11-24 国際興業三田第2ビル 9F
地図
京浜急行・都営浅草線「泉岳寺」駅より徒歩1分

関連製品

参加費

無料

定員 50名(先着順)
申し込み方法 セミナー申し込みフォームにご記入の上、送信してください。
折り返し、受け付け状況をメールにてお知らせします。

【講師紹介】

株式会社カサレアル
ビジネスソリューション開発部 ソフトウェア品質技術課
課長
植草 克友 氏


10年弱ソフトウェア開発を行った後、ソフトウェアテストに関わる機会が増え、1995年にソフトウェアテストの専門会社(株式会社エス・キュー・シー)の設立メンバーとしてソフトウェアテストに従事。
2006年からテストと開発との連携を強めるべく株式会社カサレアルで、ソフトウェアのテスト/品質や開発プロセスを扱う部署をまとめている。
  • 専門:ソフトウェアの開発/テスト(評価・検証)/品質改善/開発プロセス
  • 日経ソフトウェア、ソフトウェアテストPressなどにソフトウェアテストに関連する記事を寄稿
  • テスト管理やテスト自動化に関するセミナーにて多数講演

UIテスト自動化ツール Ranorex

Ranorexは、多くのサードパーティ製コントロールをサポートする、高性能なUIキャプチャ機能を搭載したUIテスト自動化ツールです。
Ranorexは、UIテストの効率性、網羅性、再利用性の向上をサポートし、お客様のコスト削減と品質向上に大きく貢献します。

>>>詳しくはこちら

APIのテスト自動化とサービス仮想化を1ツールで SOAtest/Virtualize

開発中のAPIのテストに必要となるテストドライバーを提供し、APIのテストを自動化するツールと、利用するAPIをスタブとして仮想化する機能を提供し、いつでもテストを可能にするツールを同梱して提供。APIの開発者/利用者に向けてテストの自動化とテスト環境の仮想化の2つの側面から効率的なAPIの品質確保とつながるシステム開発をサポートします。

>>>詳しくはこちら

機能テスト自動化ソリューション

テクマトリックスでは、これまで経験してまいりました、機能テスト自動化の成功体験と失敗体験を活かし、お客様に最適な機能テスト自動化ソリューションをご提案いたします。

>>>詳しくはこちら

お問い合わせ

  • テクマトリックス株式会社
    東京本社

    ソフトウェアエンジニアリング事業部

    03-4405-7853

メールでのお問い合わせ
se-info@techmatrix.co.jp
  • HOME
  • 最新のイベント・セミナー
  • 【配布資料申込受付中】2016年3月24日(木)開催 ソフトウェア品質向上セミナー マルチプラットフォームアプリの品質を高める包括的なテストとは

CONTACT

製品についてやテクマトリックスについてなど、
こちらよりお気軽にお問い合わせいただけます。