トレーサビリティの確保

昨今のソフトウェア開発の現場では、複数のソフトウェアを同時に開発する場合が多く、1つのソフトウェアを他のソフトウェアに展開する派生開発が多く行われています。しかし、派生開発は、1つの不具合が複数のソフトウェアの開発スケジュールやコストに影響を及ぼす危険性をはらんでいます。このような派生開発が多く行われているソフトウェア開発において、コスト、スケジュール、そして品質を確保するには、トレーサビリティの管理が有効です。
トレーサビリティとは、履歴、適用または所在を追跡できることであり、ソフトウェア開発では、要件からソースコードまでを追跡できる仕組みを指します。
一口にトレーサビリティの確保といっても、最終商品が準拠すべき規格や標準、あるいは社内規則などによって、求められる粒度は異なります。厳密なトレーサビリティを求めるならば、要件単位でソースコードやドキュメントをトレースできる状態を確保するのが望ましいですが、詳細な入力や管理に作業工数がかかります。必要な粒度と作業の手間を勘案して、導入する仕組みを選択することも大切です。

テクマトリックスでは、AccuRevで実現する構成管理と変更管理を融合したソースコードファイル単位のトレーサビリティ確保と、要件単位のトレーサビリティ確保の2つのパターンをご提案しています。

【目次】

AccuRevで実現する、構成管理と変更管理を融合したソースコードファイル単位のトレーサビリティ確保

AccuRevは構成管理とプロセス管理を同時に行うことができ、さらに内部に変更要求と成果物の変更を一元管理できる課題管理の仕組み(AccuWork)を持っています。
AccuRevを用いて構成管理システム上にプロセスを表現し、そのプロセスに従って構成要素を管理することにより、どのプロセスでどの変更を実施したかを自動的にAccuRevに記録させることができます。さらに、AccuRevに付属する課題管理システムAccuWorkと連携すれば、開発者がAccuRevに変更を登録する際にどの変更要求のための作業を実施したかを一緒に登録し管理できます。変更要求と構成要素の関連を容易に知ることができるため、過去に実施した修正とそれに関連するソースコードファイルやドキュメントといった構成要素をいつでも確認できます。



さらに、テクマトリックスでは、AccuRevで管理されている変更情報を表形式で出力するバッチコマンドをご提供しています。このコマンドを実行すると、各変更要求について、変更コードのファイル名とその進捗情報や要件・設計・テストといったコード作成に関連したファイルの情報が含まれる表(マトリクス)が出力されます。表形式で変更要求の進捗状況や関連ファイルを参照できるので、会議資料や管理資料として利用できます。

 



AccuRevで課題管理を実施するメリット

  • ファイル単位で、変更要求と構成要素の関連を容易に把握できます。
  • 権限設定により承認フローの順守を徹底できます。
  • ソースコードファイルだけでなく、ドキュメントなど任意のファイル・フォルダを構成要素として管理できます。

AccuRevとmicroTRACERを連携した要件単位のトレーサビリティ確保

microTRACERは、変更要求に対する関連箇所の特定や、不具合の原因工程と原因箇所の特定、影響度の確認を容易にする、株式会社DTSインサイトのトレーサビリティ管理ツールです。

microTRACERは、利用者の入力作業を極力削減できるよう設計されており、Excelファイル、Wordファイル、テキスト形式ファイルなどで作成された要求仕様書や設計書といった要件や仕様を取り込むことができます。利用者は、トレーサビリティの管理のためにすべてを入力する必要はありません。
 

microTRACERの主な機能

多段トレース機能
多段トレース機能
「要求仕様書」→「設計書」→「ソースコード」などの多段階でのトレーサビリティを表示できます。
成果物リンク機能
成果物リンク機能
成果物(ファイル)を開き、該当個所を選択表示できます。
プロパティ機能
プロパティ機能
トレース項目に属性を持たすことが可能です。作業のステータス、内容の優先度、変更回数、リリース時期などの情報を持たせて、管理することができ、後からそれらのプロパティを用いた分析が可能です。
トレース情報出力機能
トレース情報出力機能
設定したトレース情報は、オリジナルのトレースファイル(.TRC)として出力したり、CSV形式で出力、ツリービュー/マトリクスビューの表示イメージをPDFファイルに、出力できます。

AccuRevとmicroTRACERの連携

AccuRevを利用しているプロジェクトでは、microTRACERのトレース情報ファイルをAccuRevのストリームで管理することにより、構成管理、変更管理、トレーサビリティ管理を連携して運用できるようになります。これにより、課題や障害のトラッキングをファイルレベルと詳細レベルで行うことが可能になります。

AccuRevとmicroTRACERの連携


AccuRevとmicroTRACERを連携させるメリット
  • AccuRevと連携することにより、リポジトリと作業エリアの関係性を意識する必要がなくなり、自由にmicroTRACERのトレース情報を閲覧編集が行えるようになります。
  • 複数のトレース情報などを並べて比較でき、トレサービリティの差異を視覚的に確認することが可能になります。
  • 課題からのトラッキングや変更履歴から課題へのトラッキングなど、双方向のトラッキングが行えます。

構成管理・変更管理ツール AccuRevに
関するお問い合わせ

  • テクマトリックス株式会社
    東京本社

    ソフトウェアエンジニアリング事業部

    03-4405-7853

メールでのお問い合わせ
accurev-info@techmatrix.co.jp

CONTACT

製品についてやテクマトリックスについてなど、
こちらよりお気軽にお問い合わせいただけます。