Redmineと構成管理ツールの連携

Redmineとは

Redmineはオープンソースのプロジェクト管理ソフトウェアです。
Webベースで動作し、プロジェクトのタスク管理・進捗管理などの機能が充実しています。
また、ワークフローの機能を持ち、1つ1つのタスクをフローで管理することができます。
プラグインも豊富にそろっており、チケット駆動開発やアジャイル開発で利用されている方も多いのではないでしょうか。 

Redmine+Subversion

Redmineには構成管理の機能は搭載されていませんが、連携するための仕組みが準備されています。Redmineとオープソースソフトウェアのバージョン管理ツールであるSubversionを連携させるとソフトウェア開発のタスクなどの情報と構成管理に登録されるファイルの情報を関連付けて管理することができます。
開発者はSubversionにソースコードの変更を登録する際に、RedmineのチケットIDを指定することにより、Redmine上のタスクのステータスを自動的に変更したり、作業時間を記録したりして開発を進めることになります。

RedmineとSubversionの連携

RedmineとSubversionの連携

Redmine+Subversionにおける懸念

Redmineではタスクの状態をワークフローとして管理することができ、ソフトウェア開発を円滑に進めるために非常に有効です。しかし一方でSubversionはソースコードの状態(実装中、テスト中、完了など)の管理はできません。

コードベースの汚染

コードベースの汚染

上記の図のように、Subversionのブランチ内に状態の異なるコードが混在しています。このような状態を「コードベースの汚染」と呼びます。コードベースの汚染は開発プロジェクトに多大な影響を与えます。

コードベースの汚染が引き起こす問題

他者が実施したコードの修正の影響により、自身のコードのテストができない 

テスト担当者Aさんはある機能の実装が完了したことをRedmine上のタスクを見て確認した。テストを行うためにソースコードをチェックアウトし、ビルドしてみるとテスト対象の機能とは無関係のソースコードにおいてビルドエラーが発生してしまった。Aさんはエラーが発生しているコードを担当しているBさんへ連絡し、Bさんがビルドエラーを解消するまで、テストの実施を待たなければいけなくなった。
他者のコードの修正と競合し、マージ作業に膨大な時間がかかった

Cさんは他の開発者に迷惑をかけないよう、実装がすべて終わるまではチェックインを行わないようにしていた。そして、実装が完了し、ここまでの変更をチェックインしようとすると、既に他の開発者が大量の変更をチェックインしており、競合が発生していた。Cさんは他の開発者の変更と自身の変更のマージ作業に膨大な時間と手間が必要になってしまった。
 
このように構成管理ツールが状態を分けてファイルを管理できないがために、Redmineのタスク管理機能を十分に活かせられない、という状況に陥ってしまいます。

Redmineを有効活用するためには

コードベースの汚染の問題を解決しましょう。
Redmineのワークフローの通りにファイルの状態も管理できれば良いのです。AccuRevRedmineにてコードベースの汚染を解決する方法をご紹介します。 

StreamBrowser™によりAccuRev上にワークフローを定義

AccuRevはStreamBrowser™という開発プロセスやフローを表現する機能を搭載しています。StreamBrowser™上にRedmineのワークフローと同じフローを表現することで、タスクと連動したファイルの管理が可能になります。

AccuRev上のファイルおよびRedmine上のタスクの状態管理

AccuRev上のファイルおよびRedmine上のタスクの状態管理

RedmineとAccuWorkの同期

AccuRevにはAccuWorkという課題管理ツールが内蔵されており、AccuWorkRedmineを連携させることでシームレスなタスク管理が可能です。チケットには関連するソースコードの情報、ソースコードにはチケットの情報を関連付けることで変更管理を実現します。

AccuWorkとRedmineの同期

AccuWorkとRedmineの同期

ソースコードとチケットの見える化

ソースコードとチケットを関連付けて管理することで、開発工程ごとに対象を明確化できます。
たとえば、開発者はテストを実施する際、テスト中のチケットを確認し、テストストリームに登録されているソースコードを取得するだけでテスト対象のソースコードを容易に準備することができます。

ソースコードとチケットの関連を見える化

ソースコードとチケットの関連を見える化

AccuRevRedmineを連携させたデモンストレーション動画をご覧いただけます。

AccuRevを使うメリット

ご紹介したとおり、AccuRevはこれまでの構成管理ツールでは実現できなかった「工程ごとのソースコード管理」ならびに「課題管理ツールとの密な連携」の機能を持っています。

その他にも便利にお使いいただける機能が搭載されています。
例1: ワークフローに従って、コードをコミットする権限を設定できる。
例2: コミット時にコメントを入力せずとも課題とファイルを関連付けられる。
例3: ファイル単位ではなく、課題単位で変更を管理できる。

AccuRevにご興味のある方は、無料体験版にて操作をお試しください。 


  

構成管理・変更管理ツール AccuRevに
関するお問い合わせ

  • テクマトリックス株式会社
    東京本社

    ソフトウェアエンジニアリング事業部

    03-4405-7853

メールでのお問い合わせ
accurev-info@techmatrix.co.jp

CONTACT

製品についてやテクマトリックスについてなど、
こちらよりお気軽にお問い合わせいただけます。