さまざまな開発への適用

昨今、ソフトウェア開発に課せられる要求は増大する一方です。1つの製品にさまざなまバリエーションがあり、短いサイクルで並行して開発を進め、タイムリーにリリースしなければなりません。機能性はもちろん、高い品質水準も求められます。このようなソフトウェア開発の課題に対応するため、アジャイル、SPLなどさまざまな手法が編み出されてきました。そのため、現在の構成管理ツールでは、単にファイルのバージョンを管理できるだけではなく、さまざまな開発手法にフィットし、プロセスをサポートできる機能も必要です。AccuRevはこのような要求に応えるために設計された、新世代の構成管理ツールです。

分散開発への適用

分散開発への適用

企業のグローバル化やアウトソーシングが進むにつれ、国内外の複数の拠点で分散して開発を行うケースが増えていきます。分散開発の開発生産性を阻害する要因として、遠隔地から中央の構成管理サーバーへのアクセスのパフォーマンス、情報共有の難しさなどが挙げられます。また、協力会社など他社との共同開発においては、権限やセキュリティの問題も発生します。AccuRevのオプション製品であるAccuReplicaは、このような分散開発の問題を解決します。

詳しく

並行開発への適用

並行開発への適用

1つの製品の新規バージョンと保守バージョンの開発、あるいは派生開発など、並行開発を行うケースは多くありますが、その際には必ずといっていいほど、分岐したコードの一方から他方へコードの変更をマージする必要が発生するでしょう。コードの継承関係を把握した上で、マージするコードを正しく抽出し、競合を確認できなければ、マージ作業は大きな負担になります。AccuRevのストリーム アーキテクチャは、マージの負荷を大幅に軽減します。

詳しく

ソフトウェアプロダクトライン(SPL)への適用

ソフトウェアプロダクトライン(SPL)への適用

ソフトウェア プロダクトライン(SPL)は、ソフトウェアモジュールを組み合わせることによって、なるべく短期間かつ低コストでバリエーションのある多種製品をリリースする方法論です。SPLでは、単一製品の開発よりもしっかりしたプロセスと構成管理能力が要求されます。AccuRevは構成管理とプロセス管理を同時に行えるユニークな構成管理ツールであり、SPLにおける共通部分と可変部分の管理負荷を大幅に軽減します。

詳しく

アジャイル開発への適用

アジャイル開発への適用

アジャイル プラクティスの根幹をなす継続的統合(Continuous Integration/CI)と継続的デリバリは、ソフトウェアの不具合の早期発見に大きく貢献します。継続的統合と継続的デリバリを成功に導くには『自動化』が重要であり、反復的にビルド、テスト、デリバリを実行するツールチェーンが必要です。このツールチェーンに必須の構成管理ツールについて、5つの視点と10のチェック項目から、AccuRevがアジャイルに最適である理由を説明します。

詳しく

変更管理への適用

開発の現場においてやっかいな問題であるデグレードを防止するには、変更管理によってソフトウェアの整合性を確保するのが有効です。変更管理では、ソースを変更する場合、変更理由として変更要求が必ず関連付けられていなければなりません。このような作業を、人手や個人の裁量に頼らず、ツールを用いて効率的に行うことが重要です。

変更管理への適用

開発の現場においてやっかいな問題であるデグレードを防止するには、変更管理によってソフトウェアの整合性を確保するのが有効です。変更管理では、ソースを変更する場合、変更理由として変更要求が必ず関連付けられていなければなりません。このような作業を、人手や個人の裁量に頼らず、ツールを用いて効率的に行うことが重要です。

詳しく

構成管理・変更管理ツール AccuRevに
関するお問い合わせ

  • テクマトリックス株式会社
    東京本社

    ソフトウェアエンジニアリング事業部

    03-4405-7853

メールでのお問い合わせ
accurev-info@techmatrix.co.jp

CONTACT

製品についてやテクマトリックスについてなど、
こちらよりお気軽にお問い合わせいただけます。