分散開発への適用

企業のグローバル化やアウトソーシングが進むにつれ、国内外の複数の拠点で分散して開発を行うケースが増えていきます。このような場合、たとえば遠隔地のチームから中央の構成管理サーバーにアクセスする必要があり、ファイルの変更をコミットしたり、ファイルの履歴を参照したりするだけでも時間がかかるとしたら、開発生産性は大幅に低下してしまうでしょう。
AccuRevのオプション製品であるAccuReplicaを利用すると、遠隔地のチームをまるで同じビルにいるかのように開発プロセスに組み込むことができます。遠隔地の拠点で作業する開発者は、その拠点に設置されたAccuReplicaサーバーにアクセスするだけでよく、遠隔地のAccuReplicaサーバーと本拠地にあるAccuRevマスターサーバーは常に自動的に同期されます。地理的に離れた拠点で作業する開発者も、マスターサーバーに接続しているかのごとくAccuRevを操作し、本拠地のユーザーと同じソフトウェアプロセス自動化フレームワークの中で作業を遂行できます。また、AccuRevのTimeSafe®テクノロジーによって、すべての操作履歴が保存されるので、完全な再現性とトレーサビリティが確保されます。

分散開発への適用

分散開発の効率的な管理を実現するAccuRevの機能

  • AccuReplicaは、遠隔地から高速で安全かつ管理が容易な方法ですべてのソフトウェア資産にアクセスできます。
  • AccuRevは、地理的に離れた拠点で作業する開発チームの間の情報共有を簡便にし、場所にかかわらず共通のプロセスに則った開発を遂行することを可能にします。
  • AccuRevの使用するクライアント・サーバープロトコルは、低速であることが多い長距離のWAN接続を最適化します。
  • AccuRevデータリポジトリへのすべてのアクセスはログに記録されるので、セキュリティおよび監査に役立ちます。
  • AccuRevのストリームアーキテクチャは、ソースコードをプロモート(チェックイン)する担当者を設定できるので、その担当者が確認したもののみを上位ストリームへプロモートできます。この機能によって、実装の状態が確認されたもののみをテストやビルドといった次の工程に進めることが可能です。

分散開発の効率的な管理を実現するAccuRevの機能

構成管理・変更管理ツール AccuRevに
関するお問い合わせ

  • テクマトリックス株式会社
    東京本社

    ソフトウェアエンジニアリング事業部

    03-4405-7853

メールでのお問い合わせ
accurev-info@techmatrix.co.jp

CONTACT

製品についてやテクマトリックスについてなど、
こちらよりお気軽にお問い合わせいただけます。