再現性・完全性の確保

再現性と完全性を確保するTimeSafe®テクノロジー

AccuRevに採用されているTimeSafe®テクノロジーは、ユーザーがAccuRevで行ったすべての操作をトランザクションとして記録します。トランザクションは変更・消去できないため、データの消去やネームスペースの変更があった場合でも、完全な再現性を確保します。

再現性と完全性を確保するTimeSafe テクノロジー

TimeSafe® テクノロジーによる完全な再現性は次のような場合に有効です。
  • 法制コンプライアンス 監査証跡として完全な履歴が求められる場合にも対応できます。
  • 過去のリリースビルドの再現 古いバージョンを利用しているお客様に対する保守/機能拡張などの作業に非常に有効です。

アトミックなトランザクション

すべてのトランザクションはアトミックに管理されるため、トランザクションに含まれるすべての操作は、成功するか、失敗するかのどちらかであり、中途半端なデータが保残ることはありません。そのため、SCM(ソフトウェア構成管理)ツールに起因するビルドの失敗を防止し、リポジトリを常にビルド可能な状態に保つことが可能です。

課題のステータス管理とプロ管理を統合し、トレーサビリティを容易に確保

課題管理ツールAccuWork上の課題のワークフローと開発プロセスを表しているストリームを連携させると、ストリームからストリームへのプロモート操作のタイミングで、StreamBrowser™のストリームの課題ステータスもワークフロー定義に沿って自動的に更新されるので、個々の課題について誰が、いつ、何を実施したかトレース情報を自動的に採取できます。機能安全認証取得で必須となるトレーサビリティマトリクスもバッチ処理で作成できるため、AccuRevを使うだけでトレース情報作成負荷を軽減し、開発効率を高めます。

構成管理・変更管理ツール AccuRevに
関するお問い合わせ

  • テクマトリックス株式会社
    東京本社

    ソフトウェアエンジニアリング事業部

    03-4405-7853

メールでのお問い合わせ
accurev-info@techmatrix.co.jp

CONTACT

製品についてやテクマトリックスについてなど、
こちらよりお気軽にお問い合わせいただけます。