成果物の流れを見える化

開発プロセスなどを視覚的に表現

開発プロセスなどを視覚的に表現 
 
AccuRev の StreamBrowser™ を利用すると、ブランチやラベルを使用する従来の構成管理システムでは管理が困難だった、製品のモジュール構成、バージョン構成、開発プロセス、開発拠点などの構造をグラフィカルに表現し、操作できます。ストリームの構造が階層表示されるので、開発プロセスや組織全体を一目で把握することができます。

StreamBrowser™の構成要素

  • ストリーム
    ストリーム
    ブランチに相当します。ストリームのデザインによって、製品の構成や開発プロセスなどを表現できます。
  • スナップショット
    スナップショット
    タグ・ラベルに相当し、リリースビルドなど任意の時点の状態を保管します。現在日時だけでなく、過去の日時を指定してスナップショットを作成することもできます。
  • ワークスペース
    ワークスペース
    個々の開発者のプライベートブランチ(作業領域)に相当します。プライベートなバージョンを作成できるので、未完了の変更も他の開発者に影響を与えることなくサーバーに保存できます。

成果物の流れを一目で把握

成果物の流れを一目で把握 
 
ファイルの変更(開発作業の成果物)は、プロモートと呼ばれる操作で下位のストリームから上位のストリームへと公開され、開発が進むにつれてStreamBrowser™の右側(下流)から左側(上流)へと移動します。 現在作業中の変更はStreamBrowser™上にアイコンとして表示されるので、何がどこで変更されているかをすばやく確認できます。

さまざまなプロセスを表現

並行開発アジャイルSPLなど、さまざまな開発プロセスに柔軟に対応。構成管理だけでなく、プロセス管理も支援します。
詳しくは、「さまざまな開発への適用」を参照。

 

構成管理・変更管理ツール AccuRevに
関するお問い合わせ

  • テクマトリックス株式会社
    東京本社

    ソフトウェアエンジニアリング事業部

    03-4405-7853

メールでのお問い合わせ
accurev-info@techmatrix.co.jp

CONTACT

製品についてやテクマトリックスについてなど、
こちらよりお気軽にお問い合わせいただけます。