機能紹介

開発プロセスを可視化するストリーム アーキテクチャ

AccuRevのストリームは、従来の構成管理ツールのブランチに似ていますが、より柔軟かつ強力な新しい概念です。グラフィカルな画面でのドラッグ&ドロップ操作でストリームの階層をデザインし、製品の構成サブシステムや開発プロセス、開発組織などを自由に表現できます。

 

成果物の流れを見える化

ストリーム構造でプロジェクト全体の活動を可視化。どこで何が変更されているかを簡単に確認できます。

マージ負荷を軽減

ストリーム間の差分の確認も、異なるストリームへの変更の反映も、マウス操作で簡単に実行可能。

再現性・トレーサビリティの確保

すべての操作を変更不可能なトランザクションとして記録するTimeSafe™機能により、リリースビルドの完全な再現などを実現。

セキュリティ機能も充実

アクセス制御リストやロック機能により、重要なソフトウェア資産をしっかり保護します。

構成管理と課題/変更管理を統合

課題管理システムAccuWorkと連携し、ソースへの変更と課題(フィーチャー/バグ修正)を関連付けて管理。複数のソースファイルへの変更を課題ごとにまとめて別のストリームに反映(マージ)できます。課題単位での変更履歴の追跡やストリーム間の差分の検出も可能です。

 

AccuWork課題管理システムを標準装備

ソース変更と課題を簡単に紐付け。課題が紐付いていない変更を禁止することも可能なので、例外や漏れのない変更管理が可能。

機能/バグ修正単位の変更管理

複数の変更をパッケージ化して一度に操作。別のストリームにマージした後もパッケージ単位で履歴の参照や取り消し操作などが可能。

課題のワークフロー管理を自動化

課題のステータス(状態)についてワークフローを設定。ワークフローの定義に沿ったステータス管理が可能。運用の効率化をサポート。

開発プロセスと課題のステータスを連携

StreamBrowser ™上の開発プロセスとAccuWorkの課題ワークフローを連携。課題の状態の管理ミスを防ぎ、各開発者の負荷を軽減。

高い拡張性と柔軟性で多様なニーズをサポート

Web ブラウザーからAccuRevへのアクセスを可能にするWeb UI、Eclipse およびVisual Studio IDEとAccuRevを統合するプラグインを備え、さまざまな利用シーンに対応可能。さらに、スクリプト(トリガー)機能などを利用してAccuRevを拡張し、プロジェクト管理やビルド管理など、さまざまなシステムと連携できます。また、AccuReplicaサーバーは分散開発環境におけるパフォーマンスの問題を解決します。機能面においてもスケーラビリティにおいても、変化する企業のニーズに柔軟に応えられます。

 

Web UIおよびIDE統合プラグイン

WebブラウザーやEclipse、Visual StudioからもAccuRev構成管理リポジトリにアクセス可能。

他システムとの連携

既存ツールとの連携により過去のシステムを活用。ニーズに最も適したツールを選んで開発環境を構築できます。

分散開発をサポートするAccuReplica

遠隔地のユーザーにもローカルネットワーク並みのパフォーマンスを実現。生産性向上に寄与します。

構成管理・変更管理ツール AccuRevに
関するお問い合わせ

  • テクマトリックス株式会社
    東京本社

    システムエンジニアリング事業部
    ソフトウェアエンジニアリング営業部

    03-4405-7853

メールでのお問い合わせ
accurev-info@techmatrix.co.jp

CONTACT

製品についてやテクマトリックスについてなど、
こちらよりお気軽にお問い合わせいただけます。