機能 / バグ修正単位の管理

機能 / バグ修正単位の管理を可能にする変更パッケージ

変更パッケージは、複数の変更をまとめて1つの単位にしたものです。たとえば、1つの課題(バグ修正や機能改善)に関連するすべての変更をパッケージ化し、プロモート、マージなどの操作を変更パッケージ単位で行うことができます。課題には依存関係を設定できるため、リリース時に必要なすべての課題および依存する課題がビルドに含まれているかどうかの確認も容易です。

変更と課題の関連付け、変更のトレーサビリティを確保

変更と課題の関連付け、変更のトレーサビリティを確保

AccuRev構成管理ツールに標準で付属する課題管理ツールAccuWorkと連携し、変更パッケージとAccuWorkの課題を関連付けて運用すると、何のための変更がどのようなプロセスを経てリリースされたかを追跡することが可能になり、変更のトレーサビリティを確保できます。

Redmine+Subversionの管理との違い

オープンソースソフトウェアのプロジェクト管理ツールRedmineは、課題管理ツールとして多くのプロジェクトで使用されています。また、Redmineには構成管理ツールと連携するための仕組みが準備されているためRedmineとオープソースソフトウェアのバージョン管理ツールであるSubversionを連携し、Redmineのタスク情報とSubversionのファイルの情報を関連付けて管理しているプロジェクトも多いのではないでしょうか?
Redmineはタスクの状態をワークフローとして管理できるため、ソフトウェア開発を円滑に進めるのに非常に有効です。一方でSubversionはソースコードの状態(実装中、テスト中、完了など)の管理ができないため、Subversionのブランチ内に状態の異なるコードが混在する、「コードベースの汚染」の状態に陥りやすく、開発プロジェクトに多大な影響を与えかねません。

AccuRevは、Subversionでは実現できない「工程ごとのソースコード管理」と「Redmineとの密な連携」を実現し、「コードベースの汚染」の問題を解決します。
 

構成管理・変更管理ツール AccuRevに
関するお問い合わせ

  • テクマトリックス株式会社
    東京本社

    ソフトウェアエンジニアリング事業部

    03-4405-7853

メールでのお問い合わせ
accurev-info@techmatrix.co.jp

CONTACT

製品についてやテクマトリックスについてなど、
こちらよりお気軽にお問い合わせいただけます。