McAfee VirusScan Enterprise for Storage

ストレージ向けウイルス対策ソリューション

McAfee VirusScan Enterprise for Storageは、多種多様な端末がアクセス可能でウイルスの温床となる可能性が高いストレージにおいて、十分なセキュリティを確保する為にリアルタイムスキャンを実施するマルウェア対策ソフトウェア製品です

  • ウイルス対策
企業のウイルス対策は、インターネットの境界線とクライアント/サーバ環境に対して施されることがほとんどです。一方、ストレージ環境は依然としてセキュリティの脅威にさらされています。特にネットワークアタッチドストレージ(NAS)は、多種多様な端末がアクセス可能でウィルスの温床となる可能性が高い為、早急な対応策が必要です。

McAfee VirusScan Enterprise for Storageは、NAS環境を脅威からリアルタイムに保護するソフトウェア製品です。

McAfee VirusScan Enterprise for Storage と連携可能なNASアプライアンスは多数ありますが、主なラインナップとしてNetApp FilterとEMCアイシロンが対応しており、NASのセキュリティ確保が容易に可能となります。また、NASとの通信は、RPC (Remote Procedure Calls)/ICAP(Internet Content Adaptation Protocol)プロトコルに対応しており、ストレージプラットフォームごとに異なるセキュリティ対策の配備も必要なく、構築や運用のコスト削減が可能となります。

EMC アイシロンの詳細情報についてはこちらをご参照ください

McAfee VirusScan Enterprise for Storage 画像

本文中に記載されている製品名、および社名はそれぞれ各社の商標、または登録商標です。

McAfee VirusScan Enterprise for Storageに
関するお問い合わせ

  • テクマトリックス株式会社
    東京本社

    ネットワークセキュリティ事業部
    セキュリティ営業部
    セキュリティプロダクツ営業1課

    03-4405-7814

  • テクマトリックス株式会社
    西日本支店

    ネットワークセキュリティ営業課

    06-6484-7486

メールでのお問い合わせ
mfe-info@techmatrix.co.jp

CONTACT

製品についてやテクマトリックスについてなど、
こちらよりお気軽にお問い合わせいただけます。